Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

廃止

deserializeBytes:length:atCursor:

使用しません -(void)deserializeBytes:(void *)buffer length:(unsigned)bytes atCursor:(unsigned *)cursor 解説 使用しません 返り値 ( void ) なし 引数 ( void * )buffer バッファ ( unsigned )bytes 読むバイト数 ( unsigned * )cursor カーソル位置 …

deserializeAlignedBytesLengthAtCursor:

使用しません -(unsigned int)deserializeAlignedBytesLengthAtCursor:(unsigned *)cursor 解説 使用しません 返り値 ( unsigned int ) 整数値 引数 ( unsigned * )cursor 位置 フレームワーク Foundation クラス NSData Instance Methods 使用可能 10.0 参…

stringWithContentsOfFile:

INDEX>Foundation>NSString> ファイルから読み込んだデータでNSStringを作って初期化して返します +(id)stringWithContentsOfFile:(NSString *)path 解説 ■10.4以降非推奨。 initWithContentsOfFile:usedEncoding:errorを使用します。メモリを確保してファイ…

-cString

INDEX>Foundation>NSString> C文字列に変換して、そのポインタを返します 解説 ■10.4以降使用中止となります。 (cStringUsingEncoding または UTF8String を使います。) C文字列に変換して、そのポインタを返します。 返り値 ( const char * ) C文字列のポ…

stringWithCString:length:

INDEX>Foundation>NSString> C文字列の先頭から指定した文字数分までのNSStringを作って返します +(id)stringWithCString:(const char *)cString length:(unsigned)length 解説 ■10.4以降非推奨。 (stringWithCString:encoding: を使います。) C文字列(cSt…

stringWithCString:

INDEX>Foundation>NSString> C文字列からNSStringのインスタンスを作って返します +(id)stringWithCString:(const char *)cString 解説 ■10.4以降非推奨。 (stringWithCString:encoding: を使います。) C文字列(cString)からNSStringのインスタンスを作っ…

initWithContentsOfFile:

INDEX>Foundation>NSString> ファイルの内容からNSStringを初期化して返します -(id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path 解説 ■10.4以降非推奨。 (initWithContentsOfFile:encoding:error: または initWithContentsOfFile:usedEncoding:error: を使い…