Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

AMWorkflow

writeToURL:error:

** -(BOOL)writeToURL:(NSURL *)fileURL: error:(NSError **)outError: 解説 返り値 ( BOOL ) 引数 ( NSURL * )fileURL ( NSError ** )outError フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

valueForVariableWithName:

** -(id)valueForVariableWithName:(NSString *)variableName: 解説 返り値 ( id ) 引数 ( NSString * )variableName フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setValue:forVariableWithName:

** -(BOOL)setValue:(id)value: forVariableWithName:(NSString *)variableName: 解説 返り値 ( BOOL ) 引数 ( id )value ( NSString * )variableName フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setInput:

** -(void)setInput:(id)input: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( id )input フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

input

** 解説 返り値 ( id ) 引数 フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

initWithContentsOfURL:error:

** -(id)initWithContentsOfURL:(NSURL *)fileURL: error:(NSError **)outError: 解説 返り値 ( id ) 引数 ( NSURL * )fileURL ( NSError ** )outError フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

fileURL

** 解説 返り値 ( NSURL * ) 引数 フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

actions

** 解説 返り値 ( NSArray * ) 引数 フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

runWorkflowAtURL:withInput:error:

** +(id)runWorkflowAtURL:(NSURL *)fileURL: withInput:(id)input: error:(NSError **)error: 解説 返り値 ( id ) 引数 ( NSURL * )fileURL ( id )input ( NSError ** )error フレームワーク Automator クラス AMWorkflow Class Methods 使用可能 10.5 参照…