Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CGFunction

CGFunction

INDEX>CoreGraphics 関数の説明 グラデーションなどに使うユーザー定義関数 CGFunctionRefオペークタイプは定義とコールバック関数の使用の基本となる環境を提供します。https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/GraphicsImaging/Conceptual…

CGFunctionCallbacks

INDEX>CoreGraphics>CGFunction __ xxxxx() 解説 返り値 引数 フレームワーク XxxxXxxx クラス Xxxxxxxxxx 参照

CGFunctionRef

INDEX>CoreGraphics>CGFunction __ xxxxx() 解説 返り値 引数 フレームワーク XxxxXxxx クラス Xxxxxxxxxx 参照

CGFunctionReleaseInfoCallback

INDEX>CoreGraphics>CGFunction __ コールバック関数 xxxxx() 解説 返り値 引数 CGFunctionオブジェクトをQuartzがデアロケートする時のカスタムクリーンアップを実行します。 フレームワーク XxxxXxxx クラス Xxxxxxxxxx 参照

CGFunctionEvaluateCallback

INDEX>CoreGraphics>CGFunction 入力データを供給して、出力データを作るカスタムオペレータ コールバック関数 typedef void (*CGFunctionEvaluateCallback) ( void *info, const float *inData, float *outData ); たとえば関数名をMyCGFunctionEvaluateと…

CGFunctionRetain

INDEX>CoreGraphics>CGFunction 関数オブジェクトのリテインカウントを増やします。 CGFunctionRef CGFunctionRetain (CGFunctionRef function); 解説 関数オブジェクトのリテインカウントを増やします。 返り値 functionとして指定した関数オブジェクト 引…

CGFunctionRelease

INDEX>CoreGraphics>CGFunction 関数オブジェクトのリテインカウントを下げます。 void CGFunctionRelease (CGFunctionRef function); 解説 関数オブジェクトのリテインカウントを下げます。 返り値 引数 function リリースする関数 フレームワーク CGFuncti…

CGFunctionGetTypeID

INDEX>CoreGraphics>CGFunction クオーツ関数オブジェクトのIDを返します。 CFTypeID CGFunctionGetTypeID (void); 解説 クオーツ関数オブジェクトのIDを返します。 返り値 CGFunctionRefのオペークタイプID 定義 CGFunction.h フレームワーク CoreGraphics …

CGFunctionCreate

INDEX>CoreGraphics>CGFunction Quartz 関数を作ります。 CGFunctionRef CGFunctionCreate ( void *info, size_t domainDimension, const CGFloat *domain, size_t rangeDimension, const CGFloat *range, const CGFunctionCallbacks *callbacks ); 解説 Qua…