Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CIContext

reclaimResources

ガベージコレクションを実行します 解説 ガベージコレクションを実行します。 長らく使っていないキャッシュを整理する。 システムはレンダリングの後自動的に呼び出します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIContext Instanc…

drawImage:inRect:fromRect:

コンテキストの指定範囲destにトリミングしたCIImageを描画します -(void)drawImage:(CIImage *)im: inRect:(CGRect)dest: fromRect:(CGRect)src: 解説 コンテキストの指定範囲destにトリミングしたCIImageを描画します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( CIIma…

drawImage:atPoint:fromRect:

コンテキストの指定位置にトリミングしたCIImageを描画します -(void)drawImage:(CIImage *)im: atPoint:(CGPoint)p: fromRect:(CGRect)src: 解説 コンテキストの指定位置pにトリミングしたCIImageを描画します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( CIImage * )im…

createCGLayerWithSize:info:

サイズと属性辞書でレイヤーを 作ります -(CGLayerRef)createCGLayerWithSize:(CGSize)size: info:(CFDictionaryRef)d: 解説 サイズと属性辞書でレイヤーを 作ります。 返り値 ( CGLayerRef ) なし 引数 ( CGSize )size ( CFDictionaryRef )d フレームワーク…

createCGImage:fromRect:

CIImageと矩形でCGImageを返します -(CGImageRef)createCGImage:(CIImage *)im: fromRect:(CGRect)r: 解説 CIImageと矩形でCGImageを返します。 返り値 ( CGImageRef ) なし 引数 ( CIImage * )im ( CGRect )r フレームワーク QuartzCore クラス CIContext I…

clearCaches

** 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIContext Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

contextWithCGContext:options:

NSDictionaryのオプションを使ってCore Imageコンテキストを作ります +(CIContext)contextWithCGContext:(CGContextRef)ctx: options:(NSDictionary *)dict: 解説 NSDictionaryのオプションを使ってCore Imageコンテキストを作ります。 返り値 ( CIContext )…

contextWithCGLContext:pixelFormat:options:

NSDictionaryの仕様のオプションを使ってCore Imageコンテキストを作ります +()contextWithCGLContext:(CGLContextObj)ctx: pixelFormat:(CGLPixelFormatObj)pf: options:(NSDictionary *)dict: 解説 NSDictionaryの仕様のオプションを使ってCore Imageコン…