Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CIVector

Z

ベクターの3番目の位置の値(Z値)を返します 解説 調査中... ベクターの3番目の位置の値(Z値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

Y

ベクターの2番目の位置の値(Y値)を返します 解説 調査中... ベクターの2番目の位置の値(Y値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

X

ベクターの1番目の位置の値(X値)を返します 解説 調査中... ベクターの1番目の位置の値(X値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

W

ベクターの4番目の位置の値(W値)を返します 解説 調査中... ベクターの4番目の位置の値(W値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

valueAtIndex:

** -(float)valueAtIndex:(size_t)index: 解説 調査中...指定した位置の値を返します。 引数は0から始まる。 コンポーネントが定義されていなければメソッドは0を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 ( size_t )index フレームワーク QuartzCore クラス C…

stringRepresentation

ベクターの内容を表す文字を返します 解説 調査中...ベクターの内容を表す文字を返します。 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithX:Y:Z:W:

ベクターの4つの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: W:(float)w: 解説 調査中...ベクターの4つの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x ( float )y ( float )z ( float )w フレームワーク QuartzCore クラス CIVecto…

initWithX:Y:Z:

ベクターの3つの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: 解説 調査中... ベクターの3つの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x ( float )y ( float )z フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使…

initWithX:Y:

ベクターの2つの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: Y:(float)y: 解説 調査中... ベクターの2つの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x ( float )y フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithX:

ベクターのひとつの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: 解説 調査中... ベクターのひとつの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithValues:count:

複数の値でベクターを初期化します -()initWithValues:(const float *)values: count:(size_t)count: 解説 調査中... 複数の値でベクターを初期化します。 返り値 引数 ( const float * )values ( size_t )count フレームワーク QuartzCore クラス CIVector …

count

.ベクターでのアイテム数を返します 解説 調査中.. .ベクターでのアイテム数を返します 返り値 ( size_t ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

vectorWithX:Y:Z:W:

4つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: W:(float)w: 解説 調査中... 4つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y ( float )z ( float )w フ…

vectorWithX:Y:Z:

3つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: 解説 調査中... 3つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y ( float )z フレームワーク QuartzCore …

vectorWithX:Y:

2つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: 解説 調査中... 2つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class M…

vectorWithX:

1つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: 解説 調査中... 1つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class Methods 使用可能 10.4 参…

vectorWithValues:count:

** +()vectorWithValues:(const float *)values: count:(size_t)count: 解説 調査中... 返り値 引数 ( const float * )values ( size_t )count フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

vectorWithString:

** +()vectorWithString:(NSString *)representation: 解説 調査中... 返り値 引数 ( NSString * )representation フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class Methods 使用可能 10.4 参照 -stringRepresentation 例文