Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CalAlarm

URL

** 解説 関連するURLを返します。 返り値 ( NSURL * ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

triggerDateRelativeTo:

** -(NSDate *)triggerDateRelativeTo:(NSDate *)date: 解説 指定の日に関連するトリガー日を返します。 返り値 ( NSDate * ) 引数 ( NSDate * )date フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

sound

** 解説 レシーバーのサウンドを返します。 返り値 ( NSString * ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setURL:

** -(void)setURL:(NSURL *)url: 解説 レシーバーのURLをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSURL * )url フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setSound:

** -(void)setSound:(NSString *)sound: 解説 レシーバーのサウンドをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )sound フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setRelativeTrigger:

** -(void)setRelativeTrigger:(NSTimeInterval)relativeTrigger: 解説 レシーバの相対トリガをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSTimeInterval )relativeTrigger フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照…

setEmailAddress:

** -(void)setEmailAddress:(NSString *)emailAddress : 解説 レシーバーのメールアドレスをセットします。 メールアドレスをセットすると同時にCalAlarmActionEmailアクション、サウンド、URLもnilにセットすること 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )ema…

setAction:

** -(void)setAction:(NSString *)alarm: 解説 レシーバーのアクションをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )alarm フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setAbsoluteTrigger:

** -(void)setAbsoluteTrigger:(NSDate *)absoluteTrigger : 解説 レシーバーの絶対トリガをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSDate * )absoluteTrigger フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

relativeTrigger

** 解説 相対トリガを返します。 相対トリガをセットすると同時に絶対トリガをnilにすること 返り値 ( NSTimeInterval ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

initWithURL:

** -(id)initWithURL:(NSURL *)url: 解説 指定のURLと一緒に新しくアロケートしたアラームオブジェクトを初期化します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSURL * )url フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

initWithSound:

** -(id)initWithSound:(NSString *)sound: 解説 サウンドと一緒に新しくアロケートしたアラームオブジェクトを初期化します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSString * )sound フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 …

initWithEmailAddress:

-(id)initWithEmailAddress:(NSString *)emailAddress: 解説 指定のメールアドレスとともに新しくアロケートしたアラームオブジェクトを初期化します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSString * )emailAddress フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instan…

init

解説 新しくアロケートしたアラームオブジェクトを初期化します。 返り値 ( id ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

emailAddress

** 解説 レシーバのメールアドレスを返します。 返り値 ( NSString * ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

action

解説 レシーバのアクションを返します。 返り値 ( NSString * ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

absoluteTrigger

** 解説 レシーバーの絶対トリガを返します。 絶対トリガとセットすると同時に相対トリガをnilにすること 返り値 ( NSDate * ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

alarmWithURL:

+(id)alarmWithURL:(NSURL *)url : 解説 指定のURLと一緒に新しいアラームオブジェクトを作って返します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSURL * )url フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

alarmWithSound:

+(id)alarmWithSound:(NSString *)sound: 解説 指定のサウンドと一緒に新しいアラームオブジェクトを作って返します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSString * )sound フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

alarmWithEmailAddress:

+(id)alarmWithEmailAddress:(NSString *)emailAddress : 解説 メールアドレスを指定して新しいアラームオブジェクトを作って返します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSString * )emailAddress フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Class Methods 使用可…

alarm

** 解説 新しいアラームオブジェクトを作って返します。 返り値 ( id ) 引数 フレームワーク CalendarStore クラス CalAlarm Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文