Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

LKLayer

drawLayer:inContext:

-(void)drawLayer:(LKLayer *)layer: inContext:(CGContextRef)ctx: 解説 デリゲートメソッド 返り値 ( void ) 引数 ( LKLayer * )layer ( CGContextRef )ctx フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

displayLayer:

-(void)displayLayer:(LKLayer *)layer: 解説 デリゲートメソッドdisplay実装をオーバライドするためにデリゲートを適用する 返り値 ( void ) 引数 ( LKLayer * )layer フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例…

actionForLayer:forKey:

-(id<LKAction>)actionForLayer:(LKLayer *)layer: forKey:(NSString *)key: 解説 デリゲートメソッド 返り値 ( id<LKAction> ) 引数 ( LKLayer * )layer ( NSString * )key フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文</lkaction></lkaction>

setNeedsLayout

解説 レシーバーがサイズを変更しようとする時に呼ばれます。 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setNeedsDisplayInRect:

-(void)setNeedsDisplayInRect:(CGRect)theRect : 解説 表示できる時に、指定した矩形でレシーバーを表示するかをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( CGRect )theRect フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照…

setNeedsDisplay

解説 表示できる時に、レシーバーを表示するかをセットします。 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

setAffineTransform:

-(void)setAffineTransform:(CGAffineTransform)m: 解説 アフィン変換として変換プロパティを設定する便利なメソッド 返り値 ( void ) 引数 ( CGAffineTransform )m フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

scrollRectToVisible:

-(void)scrollRectToVisible:(CGRect)theRect: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( CGRect )theRect フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

scrollPoint:

-(void)scrollPoint:(CGPoint)thePoint 解説 返り値 ( void ) 引数 ( CGPoint )thePoint フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

resizeWithOldSuperlayerSize:

** -(void)resizeWithOldSuperlayerSize:(CGSize)size: 解説 サブビューが変更されてその矩形サイズが変わったことをレシーバーに知らせる 返り値 ( void ) 引数 ( CGSize )size フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.…

resizeSublayersWithOldSize:

** -(void)resizeSublayersWithOldSize:(CGSize)size : 解説 レシーバーの矩形サイズが変わったレシーバーのサブレイヤーを知らせる 返り値 ( void ) 引数 ( CGSize )size フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照…

replaceSublayer:with:

** -(void)replaceSublayer:(LKLayer *)oldLayer: with:(LKLayer *)newLayer: 解説 指定した新しいレイヤーとレシーバーのサブレイヤー配列のレイヤーを置き換えます。 返り値 ( void ) 引数 ( LKLayer * )oldLayer ( LKLayer * )newLayer フレームワーク Co…

renderInContext:

** -(void)renderInContext:(CGContextRef)ctx: 解説 レシーバーをレンダリングします。そしてそれを指定されたコンテキストのサブレイヤーにします。 返り値 ( void ) 引数 ( CGContextRef )ctx フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Meth…

removeFromSuperlayer

** 解説 レシーバーのサブレイヤーのマスクプロパティまたはサブレイヤーの配列からレイヤーを取り除きます。 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

removeAnimationsForKey:

** -(void)removeAnimationsForKey:(NSString *)key: 解説 キーを指定してレシーバーにアタッチされた注釈を取り除く 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

removeAllAnimations

** 解説 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

preferredFrameSize

** 解説 返り値 ( CGSize ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

layoutSublayers

** 解説 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

layoutIfNeeded

** 解説 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

insertSublayer:below:

** -(void)insertSublayer:(LKLayer *)aLayer: below:(LKLayer *)sublayer: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( LKLayer * )aLayer ( LKLayer * )sublayer フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

insertSublayer:atIndex:

** -(void)insertSublayer:(LKLayer *)aLayer: atIndex:(unsigned)index : 解説 返り値 ( void ) 引数 ( LKLayer * )aLayer ( unsigned )index フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

insertSublayer:above:

** -(void)insertSublayer:(LKLayer *)aLayer: above:(LKLayer *)siblingLayer: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( LKLayer * )aLayer ( LKLayer * )siblingLayer フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

hitTest:

** -(LKLayer *)hitTest:(CGPoint)thePoint: 解説 返り値 ( LKLayer * ) 引数 ( CGPoint )thePoint フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

drawInContext:

** -(void)drawInContext:(CGContextRef)ctx: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( CGContextRef )ctx フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

display

** 解説 このレイヤーの接続をリロードします。 レシーバーの内容プロパティをアップデートするときにdrawInContext:メソッドを呼び出す 直接呼び出す必要はありません。サブクラスはCGImageRefに適した内容プロパティをセットするためにこのメソッドをオー…

convertTime:toLayer:

** -(CFTimeInterval)convertTime:(CFTimeInterval)timeInterval: toLayer:(LKLayer *)layer: 解説 レシーバーの時間空間から指定されたレイヤーの時間空間に時間間隔を変換します 返り値 ( CFTimeInterval ) 引数 ( CFTimeInterval )timeInterval ( LKLayer…

convertTime:fromLayer:

** -(CFTimeInterval)convertTime:(CFTimeInterval)timeInterval: fromLayer:(LKLayer *)layer : 解説 指定されたレイヤーの時間空間をレシーバーの時間空間に変換します。 返り値 ( CFTimeInterval ) レシーバーの時間空間へ変換された時間空間 引数 ( CFTi…

convertRect:toLayer:

** -(CGRect)convertRect:(CGRect)aRect: toLayer:(LKLayer *)layer: 解説 レシーバーの座標システムから指定されたレイヤーの座標システムに矩形を変換する 返り値 ( CGRect ) レイヤーの座標システムへ変換された矩形 引数 ( CGRect )aRect ( LKLayer * )l…

convertRect:fromLayer:

** -(CGRect)convertRect:(CGRect)aRect: fromLayer:(LKLayer *)layer: 解説 指定のレイヤーの座標システムからレシーバーの座標システムへ矩形を変換する 返り値 ( CGRect ) レシーバーの座標システムに変換された矩形 引数 ( CGRect )aRect ( LKLayer * )l…

convertPoint:toLayer:

** -(CGPoint)convertPoint:(CGPoint)aPoint: toLayer:(LKLayer *)layer: 解説 レシーバーの座標システムから指定したレイヤーの座標システムへと位置を変換します。 返り値 ( CGPoint ) レイヤーの座標システムでの位置 引数 ( CGPoint )aPoint ( LKLayer *…