Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

LKTimingFunction

initWithControlPoints:

-(id)initWithControlPoints:(float)c1x: 解説 返り値 ( id ) 引数 ( float )c1x ( float )c1y ( float )c2x ( float )c2y フレームワーク CoreAnimation クラス LKTimingFunction Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

getControlPointAtIndex:values:

-(void)getControlPointAtIndex:(size_t)index: values:(float[2])ptr: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( size_t )index ( float[2] )ptr フレームワーク CoreAnimation クラス LKTimingFunction Instance Methods 使用可能 10.5 参照 例文

functionWithName:

+(id)functionWithName:(NSString *)name: 解説 指定の名前で定義されたタイミング関数と一緒に設定されたLKTimingFunctionの新しいインスタンスを作って返します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSString * )name フレームワーク CoreAnimation クラス LKTimingFun…

functionWithControlPoints:

+(id)functionWithControlPoints:(float)c1x: 解説 返り値 ( id ) 引数 ( float )c1x ( float )c1y ( float )c2x ( float )c2y フレームワーク CoreAnimation クラス LKTimingFunction Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文