Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSData

rangeOfData:options:range:

INDEX>Foundation> NSData 範囲、項目などのオプションと与えられたデータが最初に出現する範囲を検索して返します。 Objective-C -(NSRange)rangeOfData:(NSData *)dataToFind options:(NSDataSearchOptions)mask range:(NSRange)searchRange Swift 解説 範…

NSDataクラス

INDEX>Foundation>NSData 変更しない生データクラス Mac Pro MD878J/A 3.5GHz出版社/メーカー: Apple Computerメディア: Personal Computersこの商品を含むブログを見る 解説 変更しない生データです 継承 NSObject 準拠 NSCoding NSCopying NSMutableCopyin…

deserializeIntAtIndex:

使用しません -(int)deserializeIntAtIndex:(unsigned)index 解説 使用しません 返り値 ( int ) 整数値 引数 ( unsigned )index 読み始めの位置 フレームワーク Foundation クラス NSData Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - getBytes:range: - serializ…

deserializeIntAtCursor:

使用しません -(int)deserializeIntAtCursor:(unsigned *)index 解説 使用しません 返り値 ( int ) 整数値 引数 ( unsigned * )index 読み始めの位置 フレームワーク Foundation クラス NSData Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - deserializeIntAtIndex…

deserializeDataAt:ofObjCType:atCursor:context:

使用しません -(void)deserializeDataAt:(void *)data ofObjCType:(const char *)type atCursor:(unsigned *)cursor context:(id <NSObjCTypeSerializationCallBack>)callback 解説 使用しません 返り値 ( void ) なし 引数 ( void * )data データ ( const char * )type ObjCタイプ ( unsigned</nsobjctypeserializationcallback>…

deserializeBytes:length:atCursor:

使用しません -(void)deserializeBytes:(void *)buffer length:(unsigned)bytes atCursor:(unsigned *)cursor 解説 使用しません 返り値 ( void ) なし 引数 ( void * )buffer バッファ ( unsigned )bytes 読むバイト数 ( unsigned * )cursor カーソル位置 …

deserializeAlignedBytesLengthAtCursor:

使用しません -(unsigned int)deserializeAlignedBytesLengthAtCursor:(unsigned *)cursor 解説 使用しません 返り値 ( unsigned int ) 整数値 引数 ( unsigned * )cursor 位置 フレームワーク Foundation クラス NSData Instance Methods 使用可能 10.0 参…

description

INDEX>Foundation> NSData レシーバの内容を表した16進数の文字列を返します Objective-C Swift 解説 レシーバの内容を表した16進数の文字列を返します。 返り値 Objective-C Swift ( NSString * ) 文字列 引数 なし フレームワーク Foundation クラス NSDat…

bytes

INDEX>Foundation> NSData レシーバに入っているデータの先頭のポインタを返します Objective-C Swift 解説 レシーバに入っているデータの先頭のポインタを返します このメソッドは、データに読出し専用アクセスを返します。 返り値 Objective-C Swift ( con…

dataWithData:

INDEX>Foundation> NSData データからデータオブジェクトを作って返します Objective-C +(id)dataWithData:(NSData *)aData Swift 解説 データ(aData)からデータオブジェクトを作って返します。 返り値 Objective-C ( id ) Swift データ 引数 Objective-C ( …

-dataWithContentsOfFile:

指定したパスのファイルからバイナリデータを読み込み、オブジェクトを作って返します +(id)dataWithContentsOfFile:(NSString *)path 解説 指定したパスのファイルからバイナリデータを読み込んで、データオブジェクトを作って返します。 Cによるアルゴリズ…

dataWithContentsOfURL:

INDEX>Foundation> NSData 指定したURLからデータオブジェクトを作って返します Objective-C +(id)dataWithContentsOfURL:(NSURL *)anURL Swift 解説 指定したURL(anURL)からデータオブジェクトを作って返します。 返り値 Objective-C ( id ) Swift データ …

writeToFile:atomically:

INDEX>Foundation> NSData pathで指定したファイルに書き込みます Objective-C -(BOOL)writeToFile:(NSString *)path atomically:(BOOL)flag Swift 解説 pathで指定したファイルに書き込みます flagがYESなら、元ファイルを残し、書き終わってからリネームす…

-initWithContentsOfURL:

INDEX>Foundation> NSData URLで指定したファイルのデータを読んで、データオブジェクトを初期化して返します Objective-C -(id)initWithContentsOfURL:(NSURL *)anURL Swift 解説 URLで指定したファイルのデータを読んで、データオブジェクトを初期化して返…

initWithContentsOfFile:

INDEX>Foundation> NSData パスで指定したファイルからデータを読み取り、初期化して返します Objective-C -(id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path Swift 解説 パス(path)で指定したファイルからデータを読んで、初期化して返します。 – initWithCont…

deserializeInts:count:atCursor:

使用しません -(void)deserializeInts:(int *)intBuffer count:(unsigned)numInts atCursor:(unsigned *)cursor 解説 使用しません 返り値 ( void ) なし 引数 ( int * )intBuffer バッファ ( unsigned )numInts 整数 ( unsigned * )cursor カーソル位置 フ…

writeToURL:atomically:

INDEX>Foundation> NSData anURLによって指定される場所にデータを書き込みます Objective-C -(BOOL)writeToURL:(NSURL)anURL atomically:(BOOL)flag Swift 解説 指定したURLにレシーバのデータを書きます。 atomicallyがYESなら、一旦別のファイルに書いて…

-subdataWithRange:

INDEX>Foundation> NSData 範囲で指定されるレシーバーのバイト列のデータオブジェクトを返します Objective-C -(NSData *)subdataWithRange:(NSRange)aRange swift func subdataWithRange(_ range: NSRange) -> NSData apple(OS X) apple(iOS) 解説 範囲で…

length

INDEX>Foundation> NSData レシーバーに含まれるバイト数を返します Objective-C Swift 解説 レシーバーに含まれるバイト数を返します。 返り値 バイト数(整数値)Objective-C ( NSUInteger ) Swift 引数 なし フレームワーク Foundation クラス NSData 使…

isEqualToData:

INDEX>Foundation> NSData レシーバとaDataが同じかを返します Objective-C -(BOOL)isEqualToData:(NSData *)aData Swift 解説 レシーバとaDataが同じかを返します。 otherDataの内容がレシーバーの内容と同じならYESを返します。 返り値 Objective-C ( BOOL…

initWithData:

INDEX>Foundation> NSData 別のデータからデータオブジェクトを初期化して返します Objective-C -(id)initWithData:(NSData *)aData Swift 解説 別のデータからデータオブジェクトを初期化して返します。 aDataはNSMutableDataのインスタンスを使うことがで…

initWithContentsOfMappedFile:

マッピングされたファイルを読み取りデータオブジェクトを初期化して返します OS X 10.10で非推奨 -(id)initWithContentsOfMappedFile:(NSString *)path 解説 マッピングされたファイルを読み取りデータオブジェクトを初期化して返します。 返り値 ( id ) デ…

initWithBytesNoCopy:length:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータをコピーせずNSDataを初期化して返します Objective-C -(id)initWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(NSUInteger)length Swift 解説 指定したポインタ(bytes)から指定した長さ(length)…

initWithBytes:length:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータをコピーしてNSDataを初期化して返します Objective-C -(id)initWithBytes:(const void *)bytes length:(NSUInteger)length Swift 解説 指定したポインタ(bytes)から指定した長さ(length)…

getBytes:range:

INDEX>Foundation> NSData レシーバに入っているデータのうち指定した範囲をバッファにコピーします Objective-C -(void)getBytes:(void *)buffer range:(NSRange)range Swift 解説 レシーバに入っているデータのうち指定した範囲(range)をバッファ(aBuffer)…

getBytes:length:

INDEX>AppKit>NSData レシーバに入っているデータのうち先頭からlengthバイト分をaBufferにコピーします Objective-C -(void)getBytes:(void *)buffer length:(NSUInteger)length Swift func getBytes(_ buffer: UnsafeMutablePointer<Void>, length length: Int) </void>…

getBytes:

INDEX>Foundation> NSData レシーバに入っているデータを指定したポインタにコピーします Objective-C -(void)getBytes:(void *)aBuffer Swift 解説 ●10.6以降では非推奨です。 レシーバに入っているデータを指定したポインタにコピーします。 バッファにデ…

deserializeInts:count:atIndex:

使用しません -(void)deserializeInts:(int *)intBuffer count:(unsigned)numInts atIndex:(unsigned)index 解説 使用しません 返り値 ( void ) なし 引数 ( int * )intBuffer 整数バッファ ( unsigned )numInts 整数 ( unsigned )index 順番 フレームワーク…

dataWithContentsOfMappedFile:

マップファイルからデータを作って返します +(id)dataWithContentsOfMappedFile:(NSString *)path 解説 マップファイルからデータを作って返します。 iOSなし OS X 10.10で非推奨 返り値 ( id ) データ 引数 ( NSString * )path ファイルパス フレームワーク…

dataWithBytesNoCopy:length:

INDEX>Foundation> NSData バッファバイトから長さバイトを保持するデータオブジェクトをつくって返します Objective-C +(id)dataWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(NSUInteger)length Swift 解説 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェク…

dataWithBytes:length:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェクトをつくって、返します Objective-C +(id)dataWithBytes:(const void *)bytes length:(unsigned)length Swift NSData Class Reference 解説 指定したポインタから指定した長さ…

data

INDEX>Foundation> NSData 空のデータオブジェクトを作って返します Objective-C Swift 解説 空のデータオブジェクトを作って返します。 NSMutableDataクラスで使用します。 返り値 Objective-C ( id ) Swift データ 引数 フレームワーク Foundation クラス …

initWithBytesNoCopy:length:freeWhenDone:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェクトを初期化して返します Objective-C -(id)initWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(NSUInteger)length freeWhenDone:(BOOL)flag Swift 解説 指定したポインタから指定した…

writeToURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData レシーバーのバイトを指定されたURLに書き込みます Objective-C -(BOOL)writeToURL:(NSURL *)aURL options:(unsigned int)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 レシーバーのバイトを指定されたURLに書き込みます。 maskパ…

writeToFile:options:error:

INDEX>Foundation> NSData レシーバーのバイトを指定されたパスに書き込みます Objective-C -(BOOL)writeToFile:(NSString *)path options:(unsigned int)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 レシーバーのバイトを指定されたパスに書き込みます。 m…

dataWithContentsOfURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたURLのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを作って返します Objective-C -(id)dataWithContentsOfURL:(NSURL *)aURL options:(NSDataReadingOptions)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたURLの…

initWithContentsOfURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたURLのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを初期化します Objective-C -(id)initWithContentsOfURL:(NSURL *)aURL options:(unsigned int)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたURLのファイルの…

initWithContentsOfFile:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたパスのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを初期化します Objective-C -(id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path options:(NSDataReadingOptions)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたパ…

dataWithContentsOfFile:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたパスのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを作って返します Objective-C +(id)dataWithContentsOfFile:(NSString *)path options:(NSUInteger)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたパスのファ…

dataWithBytesNoCopy:length:freeWhenDone:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェクトを作って返します Objective-C +(id)dataWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(unsigned)length freeWhenDone:(BOOL)flag Swift 解説 指定したポインタから指定した長さの…