Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSEntityMapping

attributeMappings

解説 返り値 ( NSArray * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 例文

defaultEntityMappingWithSourceEntity:destinationEntity:options:

+(NSEntityMapping *)defaultEntityMappingWithSourceEntity:(NSEntityDescription *)sourceEntity: destinationEntity:(NSEntityDescription *)destinationEntity: options:(NSDictionary *)options: 解説 返り値 ( NSEntityMapping * ) 引数 ( NSEntityDes…

destinationEntityName

レシーバーの宛先のエンティティ名を返します 解説 レシーバーの宛先のエンティティ名を返します。 宛先エンティティへ直接マッピングしない。 この名前の宛先エンティティの情報の取り出しには、移行マネージャーのdestinationEntityForEntityMapping: メソ…

userInfo

** 解説 レシーバーのユーザー情報辞書を返します。 返り値 ( NSDictionary * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 例文

sourceExpression

** 解説 レシーバーのソース表現を返します。 ソース表現はマッピングを処理する管理オブジェクト(インスタンス)のコレクションを取得するのに使われる 返り値 ( NSExpression * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照…

sourceEntityVersionHash

** 解説 レシーバーのソースエンティティのバージョンハッシュを返します。 ハージョンハッシュはエンティティのプロパティ値をもとにコアデータによって計算された 返り値 ( NSData * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5…

sourceEntityName

** 解説 レシーバーのソースエンティティ名を返します。 マッピングはエンティティ記述に直接バウンドしない この名前に関連するエンティティ記述移行マネージャーでsourceEntityForEntityMapping: メソッドを使うことが出来る 返り値 ( NSString * ) 引数 …

setUserInfo:

** -(void)setUserInfo:(NSDictionary *)dict: 解説 レシーバーのユーザーインフォ辞書をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSDictionary * )dict フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 例文

setSourceExpression:

** -(void)setSourceExpression:(NSExpression *)source: 解説 レシーバーのソース表現をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSExpression * )source フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 例文

setSourceEntityVersionHash:

** -(void)setSourceEntityVersionHash:(NSData *)vhash: 解説 レシーバーのソースエンティティのバージョンハッシュをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSData * )vhash フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 例文

setSourceEntityName:

レシーバーンソースエンティティ名をセットします -(void)setSourceEntityName:(NSString *)name: 解説 レシーバーンソースエンティティ名をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )name レシーバーンソースエンティティ名 フレームワーク CoreD…

setRelationshipMappings:

レシーバーのリレーションマッピングの配列をセットします -(void)setRelationshipMappings:(NSArray *)mappings: 解説 レシーバーのリレーションマッピングの配列をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSArray * )mappings レシーバーのリレーションマ…

setName:

レシーバーの名前をセットします -(void)setName:(NSString *)name: 解説 レシーバーの名前をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )name レシーバーの名前 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 – name 例文

setMappingType:

レシーバーのマッピングタイプをセットします -(void)setMappingType:(NSEntityMappingType)type : 解説 レシーバーのマッピングタイプをセットします。 もしカスタムエンティティマッピングタイプが指定されていなければ、あなたは移行ポリシークラス名の値…

setEntityMigrationPolicyClassName:

レシーバーの移行ポリシーのクラス名をセットします -(void)setEntityMigrationPolicyClassName:(NSString *)name: 解説 レシーバーの移行ポリシーのクラス名をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )name レシーバーの移行ポリシーのクラス名 …

setDestinationEntityVersionHash:

レシーバーの宛先エンティティのハッシュをセットします -(void)setDestinationEntityVersionHash:(NSData *)vhash: 解説 レシーバーの宛先エンティティのハッシュをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSData * )vhash フレームワーク CoreData クラス …

setDestinationEntityName:

レシーバーの宛先エンティティ名をセットします -(void)setDestinationEntityName:(NSString *)name: 解説 レシーバーの宛先エンティティ名をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )name レシーバーの宛先エンティティ名 フレームワーク CoreDa…

setAttributeMappings:

レシーバーのマッピング属性の配列をセットします -(void)setAttributeMappings:(NSArray *)mappings: 解説 レシーバーのマッピング属性の配列をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSArray * )mappings レシーバーのマッピング属性の配列 フレームワー…

relationshipMappings

レシーバーのマッピングの配列を返します 解説 レシーバーのマッピングの配列を返します。 返り値 ( NSArray * ) レシーバーのマッピングの配列 引数 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 – setRelationshipMappings: – attr…

name

レシーバーの名前を返します 解説 レシーバーの名前を返します。 名前はただモデルでのマッピングの識別の意味として使われます。 もし指定しなければ、値はデフォルトSOURCE->DESTINATION 返り値 ( NSString * ) レシーバーの名前 引数 フレームワーク Core…

mappingType

レシーバーのマッピングタイプを返します 解説 レシーバーのマッピングタイプを返します。 返り値 ( NSEntityMappingType ) レシーバーのマッピングタイプ 引数 フレームワーク CoreData クラス NSEntityMapping 使用可能 10.5 参照 – setMappingType: 例文

entityMigrationPolicyClassName

レシーバーの移行ポリシーのクラス名を返します 解説 レシーバーの移行ポリシーのクラス名を返します。 もし指定されていなければ、デフォルトの移行クラス名はNSEntityMigrationPolicyだけれど、サブクラスでカスタムの挙動を指定できる 返り値 ( NSString …

destinationEntityVersionHash

レシーバーの宛先エンティティのバージョンハッシュを返します 解説 レシーバーの宛先エンティティのバージョンハッシュを返します。 バージョンハッシュはコアデータにより、エンティティのプロパティ値に基づいて計算された 返り値 ( NSData * ) レシーバ…