Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSException

NSExceptionクラス

INDEX>Foundation>NSExceptionapple(mac) apple(iOS) 解説 例外処理に関するクラスです。 継承 NSObject 準拠 NSCoding NSCopying NSObject (NSObject) フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework 使用可能 Mac OS X v10.0以降 iOS 2.…

exceptionWithName:reason:userInfo:

Index>Foundation>NSException 例外を作って返します +(NSException *)exceptionWithName:(NSString *)name: reason:(NSString *)reason: userInfo:(NSDictionary *)userInfo: 解説 例外を作って返します。 name 例外名 reason 例外の理由(Logに表示されま…

raise:format:

Index>Foundation>NSException 例外を発生させます +(void)raise:(NSString *)name: format:(NSString *)format, ...: 解説 例外を発生させます。 【name】 ● NSOperationNotSupportedForKeyException ● NSRangeException 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSStr…

raise:format:arguments:

Index>Foundation>NSException 名前(name)、フォーマット(format)、値リスト(argList)で例外を発生させます +(void)raise:(NSString *)name: format:(NSString *)format: arguments:(va_list)argList: 解説 名前(name)、フォーマット(format)、値リスト(argL…

initWithName:reason:userInfo:

Index>Foundation>NSException 例外を初期化して返します -(id)initWithName:(NSString *)name: reason:(NSString *)reason: userInfo:(NSDictionary *)userInfo: 解説 例外を初期化して返します。 name 例外名 reason 例外の理由(Logに表示されます。) us…

name

Index>Foundation>NSException 例外名を返します 解説 例外名を返します。 返り値 ( NSString * ) 名前 引数 フレームワーク Foundation クラス NSException Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - initWithName:reason:userInfo: + exceptionWithName:reas…

raise

Index>Foundation>NSException 例外を発生させます 解説 例外を発生させます。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク Foundation クラス NSException Instance Methods 使用可能 10.0 参照 + raise:format: + raise:format:arguments: 例文 #import "My…

reason

Index>Foundation>NSException 例外の理由を返します 解説 例外の理由(Logに表示される)を返します。 返り値 ( NSString * ) 理由 引数 フレームワーク Foundation クラス NSException Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - initWithName:reason:userInf…

userInfo

Index>Foundation>NSException 例外の追加情報を返します 解説 例外の追加情報を返します。 なければnilを返します。 返り値 ( NSDictionary * ) 辞書 引数 フレームワーク Foundation クラス NSException Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - initWithNa…