Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSFetchRequest

setReturnsObjectsAsFaults:

** -(void)setReturnsObjectsAsFaults:(BOOL)yesNo: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( BOOL )yesNo フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

setResultType:

** -(void)setResultType:(NSFetchRequestResultType)type : 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSFetchRequestResultType )type フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

setRelationshipKeyPathsForPrefetching:

** -(void)setRelationshipKeyPathsForPrefetching:(NSArray *)keys: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSArray * )keys フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

setIncludesSubentities:

** -(void)setIncludesSubentities:(BOOL)yesNo: 解説 レシーバーがサブエンティティを含むかどうかセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( BOOL )yesNo フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

setIncludesPropertyValues:

** -(void)setIncludesPropertyValues:(BOOL)yesNo: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( BOOL )yesNo フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

returnsObjectsAsFaults

** 解説 返されたオブジェクトは誤りかどうかを示すブール値を返します。 返り値 ( BOOL ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

resultType

** 解説 レシーバーの結果タイプを返します。 このメソッドはレシーバーの結果タイプをセットします。(リクエストの実行から返されたオブジェクトのインスタンスタイプ) 返り値 ( NSFetchRequestResultType ) レシーバーの結果タイプ 引数 フレームワーク …

relationshipKeyPathsForPrefetching

** 解説 リクエストのエンティティと一緒にプリフェッチするリレーションシップキーパスの配列を返します。デフォルトは空の配列です。(プリフェッチしない) 返り値 ( NSArray * ) リクエストのエンティティと一緒にプリフェッチするリレーションシップキ…

includesSubentities

** 解説 レシーバーが結果にサブエンティティを含むどうか示すブール値を返します。 返り値 ( BOOL ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

includesPropertyValues

** 解説 返り値 ( BOOL ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest 使用可能 10.5 参照 例文

sortDescriptors

ソートデスクリプタを返します 解説 調査中... ソートデスクリプタを返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

setSortDescriptors:

ソートデスクリプタをセットします -(void)setSortDescriptors:(NSArray *)sortDescriptors: 解説 調査中... ソートデスクリプタをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSArray * )sortDescriptors フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest I…

setPredicate:

検索条件をセットします -(void)setPredicate:(NSPredicate *)predicate: 解説 検索条件をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSPredicate * )predicate フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 …

setFetchLimit:

レシーバーの fetch リミットをセットします -(void)setFetchLimit:(unsigned int)limit: 解説 調査中...レシーバーの fetch リミットをセットします。 fetch リミットがない場合は0をセットする。 返り値 ( void ) なし 引数 ( unsigned int )limit フレー…

setEntity:

エンティティをセットします -(void)setEntity:(NSEntityDescription *)entity: 解説 調査中... エンティティをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSEntityDescription * )entity フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods…

setAffectedStores:

** -(void)setAffectedStores:(NSArray *)stores: 解説 レシーバーによって検索される永続ストアの配列をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSArray * )stores フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照…

predicate

** 解説 レシーバーの条件を返します。 返り値 ( NSPredicate * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

fetchLimit

取り出し最大数を返します 解説 調査中... 取り出し最大数を返します。 返り値 ( unsigned int ) 整数値 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setFetchLimit: 例文

entity

エンティティを返します 解説 調査中... エンティティを返します。 返り値 ( NSEntityDescription * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

affectedStores

** 解説 調査中...レシーバーの永続ストア仕様を含む配列を返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSFetchRequest Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文