Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSKeyValueBindingCreation

exposeBinding:

バインディングをします +(void)exposeBinding:(NSString *)binding: 解説 バインディングをします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )binding フレームワーク ApplicationKit クラス NSKeyValueBindingCreation Class Methods 使用可能 10.3 参照 …

bind:binding:withKeyPath:options:

バインドします -(void)bind:(NSString *)binding: binding:(id)observableController: withKeyPath:(NSString *)keyPath: options:(NSDictionary *)options: 解説 バインドします。 【オプション】 ●NSTableColumn NSRaisesForNotApplicableKeys (NSNumber(…

exposedBindings

バインディングを返します 解説 バインディングを返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSKeyValueBindingCreation Instance Methods 使用可能 10.3 参照 例文 NSLog(@"exposedBindings %@",[[self exposedBindi…

unbind:

バインドをやめます -(void)unbind:(NSString *)binding: 解説 バインドをやめます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )binding フレームワーク ApplicationKit クラス NSKeyValueBindingCreation Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -bind:toObje…

valueClassForBinding:

-(Class)valueClassForBinding:(NSString *)binding: 解説 バインドでクラスを返します 返り値 ( Class ) なし 引数 ( NSString * )binding フレームワーク ApplicationKit クラス NSKeyValueBindingCreation Instance Methods 使用可能 10.3 参照 例文 NSLo…

commitEditingWithDelegate:didCommitSelector:contextInfo:

レシーバーの現在の編集結果のコミットを試みる -(void)commitEditingWithDelegate:(id)delegate: didCommitSelector:(SEL)didCommitSelector: contextInfo:(void *)contextInfo: 解説 レシーバーの現在の編集結果のコミットを試みる 返り値 ( void ) なし …

infoForBinding:

レシーバーのバインディングを表す辞書を返します -(NSDictionary *)infoForBinding:(NSString *)binding: 解説 レシーバーのバインディングを表す辞書を返します。 返り値 ( NSDictionary * ) なし 引数 ( NSString * )binding フレームワーク ApplicationK…