Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSObject

NSObjectプロトコル

INDEX>Foundation>apple(mac) apple(iOS)APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A出版社/メーカー: アップル発売日: 2012/06/13メディア: Personal Computers購入: 2人 クリック: 44回この商品を含むブログ (10件) を見る…

NSObjectクラス

INDEX>Foundation> ほとんどのクラスのベースとなるクラス apple(OS X) apple(iOS) 解説 OS X 継承 なし。NSObjectはルートオブジェクトです。 準拠 NSObject フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework 使用可能 OS X v10.0以降 定義…

setObservationInfo:

-(void)setObservationInfo:(void *)observationInfo: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( void * )observationInfo フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -observationInfo 例文

didChange:valuesAtIndexes:forKey:

-(void)didChange:(NSKeyValueChange )change valuesAtIndexes:: valuesAtIndexes:(NSIndexSet *)indexes: forKey:(NSString *) key : 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSKeyValueChange )change valuesAtIndexes: ( NSIndexSet * )indexes ( NS…

release

参照カウントを1つ減らします。 ARC(自動参照カウンタ)を使ったコンパイルでは使用できません。 -(oneway void)release 解説 返り値 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject 使用可能 10.0 参照 例文 //ありません

didChangeValueForKey:withSetMutation:usingObjects:

キーバリューオブザービング規則を手動で実装する時、このメソッドを呼び出します -(void)didChangeValueForKey:(NSString *)key: withSetMutation:(NSKeyValueSetMutationKind)mutationKind: usingObjects:(NSSet *)objects: 解説 キーバリューオブザービン…

attemptRecoveryFromError:optionIndex:

-(BOOL)attemptRecoveryFromError:(NSError *)error: optionIndex:(unsigned int)recoveryOptionIndex: 解説 アプリケーションモーダルパネルでエラー警告がユーザーに示され、そしてユーザーがリカバーオプションを選択したときに起動する。 ユーザーが選ん…

classFallbacksForKeyedArchiver

解説 クラスが無効な場合、オブジェクトをデコードする時に使うことができる クラスの名前を返すためにオーバーライドします。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

setScriptingProperties:

スクリプトプロパティをセットします -(void)setScriptingProperties:(NSDictionary *)properties: 解説 スクリプトプロパティをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSDictionary * )properties フレームワーク Foundation クラス NSObject Instanc…

scriptingProperties

スクリプトプロパティの辞書を返します 解説 スクリプトプロパティの辞書を返します。 返り値 ( NSDictionary * ) クラス名 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.2 参照 - setScriptingProperties: 例文 NSLog([NS…

-replacementObjectForKeyedArchiver:

INDEX>Foundation>NSObject 調査中 Objective-C -(id)replacementObjectForKeyedArchiver:(NSKeyedArchiver *)archiver: swift func replacementObjectForKeyedArchiver(_ archiver: NSKeyedArchiver) -> AnyObject? 解説 調査中 archiver:willEncodeObject:…

classForKeyedUnarchiver

調査中 解説 調査中 デコーディングの間、新しいクラスを代えるためにサブクラスによってオーバーライドされる。 返り値 ( Class ) クラス 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Class Methods 使用可能 10.2 参照 例文 -(id)awakeAfterUsingCode…

classForKeyedArchiver

キー付きアーカイバのクラスを返します 解説 キー付きアーカイバのクラスを返します。 返り値 ( Class ) クラス 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.2 参照 - replacementObjectForKeyedArchiver: 例文 -(id)awak…

cancelPreviousPerformRequestsWithTarget:

-performSelector:withObject:afterDelay:で開始したリクエストをキャンセルします +(void)cancelPreviousPerformRequestsWithTarget:(id)aTarget: 解説 performSelector:withObject:afterDelay:で開始したリクエストをキャンセルします。 返り値 ( void ) …

performSelectorOnMainThread:withObject:waitUntilDone:modes:

メインスレッドのアクションセレクタを実行します -(void)performSelectorOnMainThread:(SEL)aSelector: withObject:(id)arg: waitUntilDone:(BOOL)wait: modes:(NSArray *)array: 解説 メインスレッドのアクションセレクタを実行します。 返り値 ( void ) …

performSelectorOnMainThread:withObject:waitUntilDone:

メインスレッドのセレクタを実行します。 -(void)performSelectorOnMainThread:(SEL)aSelector: withObject:(id)arg: waitUntilDone:(BOOL)wait: 解説 メインスレッドのセレクタを実行します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( SEL )aSelector セレクタ ( id )a…

isSubclassOfClass:

レシーバのクラスは比較するクラスのサブクラスかまたはそのクラス自身かを返します apple +(BOOL)isSubclassOfClass:(Class)aClass 解説 レシーバのクラスは比較するクラス(aClass)のサブクラスかを返します。 返り値 ( BOOL ) クラス 引数 ( Class )aClass…

performSelector:onThread:withObject:waitUntilDone:

-(void)performSelector:(SEL)aSelector: onThread:(NSThread *)thr: withObject:(id)arg: waitUntilDone:(BOOL)wait: 解説 (void)performSelector:(SEL)aSelectoronThread:(NSThread *)thrwithObject:(id)argwaitUntilDone:(BOOL)wait 返り値 ( void ) 引数…

finalize

ガベージコレクションが有効なときオブジェクトのメモリが破棄される時に呼び出されます 10.8で非推奨 ガベージコレクションは使用せず、ARCを使用する。 解説 ガベージコレクションが有効なときオブジェクトのメモリが破棄される時に呼び出されます。 ガベ…

willChange:valuesAtIndexes:forKey:

-(void)willChange:(NSKeyValueChange )change: valuesAtIndexes:(NSIndexSet *)indexes: forKey:(NSString *)key : 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSKeyValueChange )change ( NSIndexSet * )indexes ( NSString * )key フレームワーク Found…

didChangeValueForKey:

登録したオブザーバが変わった時に呼び出されます -(void)didChangeValueForKey:(NSString *)key: 解説 登録したオブザーバが変わった時に呼び出されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク Foundation クラス NSObject Instanc…

willChangeValueForKey:

登録したオブザーバが変わろうとする時に呼び出されます -(void)willChangeValueForKey:(NSString *)key: 解説 登録したオブザーバが変わろうとする時に呼び出されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク Foundation クラス NSO…

removeObserver:forKeyPath:

オブザーバを取り除きます -(void)removeObserver:(NSObject *)anObserver: forKeyPath:(NSString *)keyPath: 解説 オブザーバを取り除きます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSObject * )anObserver ( NSString * )keyPath フレームワーク Foundation クラ…

addObserver:forKeyPath:options:context:

監視するオブジェクトと監視されるオブジェクトを登録します -(void)addObserver:(NSObject *)anObserver: forKeyPath:(NSString *)keyPath: options:(NSKeyValueObservingOptions )options: context:(void *)context: 解説 監視するオブジェクトと監視され…

observeValueForKeyPath:ofObject:change:context:

監視しているオブジェクトに変化があった時に呼び出されます -(void)observeValueForKeyPath:(NSString *)keyPath: ofObject:(id)object: change:(NSDictionary *)change: context:(void *)context: 解説 監視しているオブジェクトに変化があった時に呼び出…

setKeys:triggerChangeNotificationsForDependentKey:

キーの依存関係をセットします +(void)setKeys:(NSArray *)keys: triggerChangeNotificationsForDependentKey:(NSString *)dependentKey: 解説 キーの依存関係をセットします。 keysのオブジェクトに変化があった時にdependentKeyのオブジェクトに通知されま…

automaticallyNotifiesObserversForKey:

指定したキーのオブジェクトが自動通知するかを返します +(BOOL)automaticallyNotifiesObserversForKey:(NSString *)key: 解説 指定したキーのオブジェクトが自動通知するかを返します。 返り値 ( BOOL ) オブジェクト 引数 ( NSString * )key フレームワー…

autorelease

レシーバーを現在の自動解放プールに追加してレシーバを返します 解説 レシーバーを現在の自動解放プールに追加してレシーバを返します。 返り値 ( id ) オブジェクト 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 …

class

クラスオブジェクトを返します 解説 クラスオブジェクトを返します。 返り値 ( Class ) クラス 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 + class (NSObject class) 例文 [myOutlet setTitle:[NSString classNam…

conformsToProtocol:

指定したプロトコルがレシーバに適合するかを返します -(BOOL)conformsToProtocol:(Protocol *)aProtocol 解説 指定したプロトコルがレシーバに適合するかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( Protocol * )aProtocol プロトコル フレームワーク Foun…

description

レシーバーの内容を記述する文字列オブジェクトを返します + ( NSString * )description 解説 レシーバーの内容を記述する文字列オブジェクトを返します。 返り値 ( NSString * ) レシーバの内容 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance M…

hash

ハッシュ値を返します 解説 ハッシュ値を返します。 NSObjectでは、オブジェクトのidに対応した値を返します。 isEqual:を使ったとき、同じハッシュ値なら2つのオブジェクトは等しいと判断されます。 返り値 ( unsigned int ) 整数値 引数 フレームワーク Fo…

isEqual:

レシーバとanObjectが同じかどうか返します -(BOOL)isEqual:(id)anObject 解説 同じならYESを返します 同じでなければNOを返します。NSArrayの実装は、anObjectとレシーバが等しいときにはYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( id )anObject オブ…

isKindOfClass:

クラスの種類が同じかを返します -(BOOL)isKindOfClass:(Class)aClass 解説 クラスの種類が同じかを返します。 サブクラスのインスタンスの場合もYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( Class )aClass クラス フレームワーク Foundation クラス NSO…

isMemberOfClass:

クラスのインスタンスならYESを返します -(BOOL)isMemberOfClass:(Class)aClass 解説 引数のクラス(aClass)のインスタンスならYESを返します そうでなければNOを返します 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( Class )aClass クラス フレームワーク Foundation ク…

isProxy

プロキシーかを返します 解説 プロキシーかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 例文 ([obj1 isProxy]) ? NSLog(@"YES") : NSLog(@"NO");

performSelector:

レシーバーにメッセージを送って、メッセージの結果を返します -(id)performSelector:(SEL)aSelector 解説 レシーバーにメッセージ(aSelector)を送って、メッセージの結果を返します。 SELはセレクタ。@selector()で表される。コンパイル時にはエラーとなら…

performSelector:withObject:

レシーバーに引数付きでセレクタにメッセージを送ります -(id)performSelector:(SEL)aSelector: withObject:(id)anObject: 解説 レシーバーに引数(anObject)付きでセレクタ(aSelector)にメッセージを送ります。 SELはセレクタ。@selector()で表される。 コン…

performSelector:withObject:withObject:

レシーバーに引数を2つ付けてセレクタにメッセージを送ります -(id)performSelector:(SEL)aSelector: withObject:(id)anObject: withObject:(id)anotherObject: 解説 レシーバーに引数(anObject)を2つ付きでセレクタ(aSelector)にメッセージを送ります。 …

release

オブジェクトのメモリを解放します 解説 レシーバーの参照カウントを減少させます。0なるとdeallocメソッドが呼び出されてレシーバーが解放されます。 oneway boidについては、分散オブジェクトを参照。 返り値 ( oneway void ) なし 引数 フレームワーク Fo…

respondsToSelector:

レシーバーがセレクタを実装するかを返します -(BOOL)respondsToSelector:(SEL)aSelector 解説 レシーバーがセレクタ(aSelector)を実装するかを返します レシーバーが実装するならYESを返します そうでなければNOを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 (…

retain

レシーバーの参照カウントを増加させてレシーバを返します 解説 レシーバーの参照カウントを増加させてレシーバを返します。 返り値 ( id ) オブジェクト 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - autoreleas…

retainCount

デバッグ目的のためにレシーバーの参照カウントを返します 解説 デバッグ目的のためにレシーバーの参照カウントを返します。 apple 返り値 10.4まで ( unsigned int ) 10.5以降 ( NSInteger ) 整数値 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instan…

self

レシーバー自身を返します - ( id )self 解説 レシーバー自身を返します。 返り値 ( id ) オブジェクト 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - class 例文 [myOutlet setTitle:[[NSString self] className]…

superclass

レシーバーの上位クラスを返します 解説 レシーバーの上位クラスを返します。 返り値 ( Class ) クラス 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 + superclass (NSObject) 例文 [myOutlet setTitle:[[NSString …

zone

レシーバーが割り当てられたゾーンのポインタを返します 解説 レシーバーが割り当てられたゾーンのポインタを返します。 返り値 ( NSZone * ) ゾーン 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Instance Methods 使用可能 10.0 参照 + allocWithZone:…

allocWithZone:

ゾーンからオブジェクトを作成します +(id)allocWithZone:(NSZone *)zone: 解説 ゾーン(zone)からオブジェクトを作成します。 サブクラスは、オーバーライドしてはいけません。代わりにそのクラス専用の初期化メソッドとしてinit...メソッドを使用します。 a…

cancelPreviousPerformRequestsWithTarget:selector:object:

セレクタと引数が同じリクエストをキャンセルします +(id)cancelPreviousPerformRequestsWithTarget:(id)aTarget: selector:(SEL)aSelector: object:(id)anArgument: 解説 performSelector:withObject:afterDelay:で開始したリクエストを、セレクタと引数が…

class

クラスを返します +(Class)class 解説 クラスを返します。 返り値 ( Class ) クラス 引数 フレームワーク Foundation クラス NSObject Class Methods 使用可能 10.0 参照 - class (NSObject) 例文 BOOL cassTest = [self isKindOfClass:[NSObject class]];

conformsToProtocol:

レシーバクラスがプロトコルと一致するかを返します +(Class)conformsToProtocol:(protocol *)aProtocol: 解説 レシーバクラスがプロトコル(aProtocol)と一致するかを返します。 一致するならYESを返します。そうでなければNOを返します。クラスは、そのクラ…