Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSObjectController

entityName

新しいオブジェクトを作る時にレシーバーによって使われるエンティティ名を返します 解説 新しいオブジェクトを作る時にレシーバーによって使われるエンティティ名を返します。 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObj…

fetch:

-(void)fetch:(id)sender: 解説 調査中... 取り出すアクションメソッド。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )sender フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setFetchPredicate: -fetchPredicate 例文

fetchPredicate

レシーバーの取り出し条件を返します 解説 レシーバーの取り出し条件を返します。 返り値 ( NSPredicate * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setFetchPredicate: 例文

fetchWithRequest:merge:error:

サブクラスでオーバーライドされるカスタマイズ取り出しリクエスト -(BOOL)fetchWithRequest:(NSFetchRequest *)fetchRequest: merge:(BOOL)merge: error:(NSError **)error: 解説 サブクラスでオーバーライドされるカスタマイズ取り出しリクエスト。 たとえ…

managedObjectContext

レシーバーの管理オブジェクトコンテキストを返します 解説 レシーバーの管理オブジェクトコンテキストを返します。 返り値 ( NSManagedObjectContext * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10…

setEntityName:

レシーバーのエンティティ名をセットします -(void)setEntityName:(NSString *)entityName: 解説 レシーバーのエンティティ名をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )entityName フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectControlle…

setFetchPredicate:

レシーバーの取り出し条件をセットします -(void)setFetchPredicate:(NSPredicate *)predicate: 解説 レシーバーの取り出し条件をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSPredicate * )predicate フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectContr…

setManagedObjectContext:

レシーバーの管理オブジェクトコンテキストを返します -(void)setManagedObjectContext:(NSManagedObjectContext *)managedObjectContext: 解説 レシーバーの管理オブジェクトコンテキストを返します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSManagedObjectContext …

validateMenuItem:

メニュー項目を使用可能にする -(BOOL)validateMenuItem:(id < NSMenuItem >)anItem: 解説 メニュー項目を使用可能にする 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( id < NSMenuItem > )anItem フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Meth…

setObjectClass:

オブジェクトクラスをセットします -(void)setObjectClass:(Class)objectClass: 解説 オブジェクトクラスをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( Class )objectClass フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用…

setEditable:

編集可能かをセットします -(void)setEditable:(BOOL)flag: 解説 編集可能かをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -isEditable 例文 [ob…

setContent:

コンテントをセットします -(void)setContent:(id)content: 解説 コンテントをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )content フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -content 例文 //コ…

setAutomaticallyPreparesContent:

自動初期値を使うかをセットします -(void)setAutomaticallyPreparesContent:(BOOL)flag: 解説 自動初期値を使うかをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使…

selection

選択を表すプロキシーオブジェクトを返します 解説 選択を表すプロキシーオブジェクトを返します。 プロキシーオブジェクトは以下のメソッドに応答します。 valueForKey: valueForKeyPath: setValue:forKey: setValue:forKeyPath: validateValue:forKey:erro…

selectedObjects

選択しているオブジェクトを返します 解説 選択しているオブジェクトを返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -selection 例文 //選択しているオブジェ…

removeObject:

オブジェクトを取り除きます -(void)removeObject:(id)object: 解説 オブジェクトを取り除きます。 NSArrayControllerで使用? 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )object フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能…

remove:

取り除く時に呼び出されるアクションメソッド -(void)remove:(id)sender: 解説 取り除く時に呼び出されるアクションメソッド 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )sender フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 1…

prepareContent

自動初期値 解説 自動初期値 サブクラスでオーバーライドされます。 setAutomaticallyPreparesContentがYESなら(自動初期値を使うなら)何もしません。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Metho…

objectClass

オブジェクトクラスを返します 解説 オブジェクトクラスを返します。 返り値 ( Class ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setObjectClass: -newObject 例文 //クラスを返す NSLog([…

newObject

新しいオブジェクトをつくります 解説 新しいオブジェクトをつくります。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setObjectClass: -objectClass 例文 //新し…

isEditable

編集可能かを返します 解説 編集可能かを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setEditable: 例文 //編集可能か ([objCont isEditable]) ? NSLog(@"isEdi…

initWithContent:

内容からオブジェクトコントローラを初期化して返します -(id)initWithContent:(id)content: 解説 内容からオブジェクトコントローラを初期化して返します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( id )content フレームワーク ApplicationKit クラス NSObj…

content

内容を返します 解説 内容を返します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setContent: 例文 NSLog(@"content %@",[[myOutlet content] description]);

canRemove

取り除くことができるかを返します 解説 取り除くことができるかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -canAdd -remove: 例文 ([myOutlet canRemove]) ?…

canAdd

追加することができるかを返します 解説 追加することができるかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -canRemove -add: 例文 ([myOutlet canAdd]) ? NS…

automaticallyPreparesContent

自動初期値があるかを返します 解説 自動初期値があるかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSObjectController Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setAutomaticallyPreparesContent: -prepareContent 例文…