Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSRelationshipDescription

versionHash

** 解説 返り値 ( NSData * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription 使用可能 10.5 参照 例文

setMinCount:

レシーバーの最小カウントをセットします -(void)setMinCount:(int)minCount: 解説 レシーバーの最小カウントをセットします。 レシーバーのモデルがオブジェクトグラフマネージャーによって使われているなら例外を起こします。 返り値 ( void ) なし 引数 (…

setMaxCount:

レシーバーの最大カウントをセットします -(void)setMaxCount:(int)maxCount: 解説 レシーバーの最大カウントをセットします。 レシーバーのモデルがオブジェクトグラフマネージャーによって使われているなら例外を起こします。 返り値 ( void ) なし 引数 (…

setInverseRelationship:

逆リレーションシップをセットします -(void)setInverseRelationship:(NSRelationshipDescription *)relationship: 解説 逆リレーションシップをセットします。 レシーバーのモデルがオブジェクトグラフマネージャーによって使われているなら例外を起こしま…

setDeleteRule:

削除ルールをセットします -(void)setDeleteRule:(NSDeleteRule)rule: 解説 削除ルールをセットします。 レシーバーのモデルがオブジェクトグラフマネージャーによって使われているなら例外を起こします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSDeleteRule )rule …

minCount

レシーバーの最小カウントを返します 解説 レシーバーの最小カウントを返します。 返り値 ( int ) 整数値 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -maxCount -setMaxCount: -setMinCount: 例文

maxCount

レシーバーの最大カウントを返します 解説 レシーバーの最大カウントを返します。 返り値 ( int ) 整数値 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -isToMany -minCount -setMaxCount: -setMinC…

setDestinationEntity:

エンティティ記述をセットします -(void)setDestinationEntity:(NSEntityDescription *)entity: 解説 エンティティ記述をセットします。 レシーバーのモデルがオブジェクトグラフマネージャーによって使われているなら例外を起こします。 返り値 ( void ) な…

isToMany

To-mantリレーションシップ(maxCountが1より大きい)ならYESを返します 解説 To-mantリレーションシップ(maxCountが1より大きい)ならYESを返します。 そうでなければNOを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelati…

inverseRelationship

レシーバーと関連する逆リレーションシップを返します 解説 レシーバーと関連する逆リレーションシップを返します。 返り値 ( NSRelationshipDescription * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription Instance Methods 使用可…

destinationEntity

エンティティ記述を返します 解説 エンティティ記述を返します。 返り値 ( NSEntityDescription * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

deleteRule

NSDeleteRuleコンスタントである削除ルールを返します 解説 NSDeleteRuleコンスタントである削除ルールを返します。 返り値 ( NSDeleteRule ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文