Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSSpeechSynthesizer

speechSynthesizer:willSpeakWord:ofString:

単語区切りでスピーチしようとするときに呼び出されます -(void)speechSynthesizer:(NSSpeechSynthesizer *)sender: willSpeakWord:(NSRange )characterRange: ofString:(NSString *) string : 解説 単語区切りでスピーチしようとするときに呼び出されます。…

speechSynthesizer:willSpeakPhoneme:

Phonemeでスピーチしようとするときに呼び出されます -(void)speechSynthesizer:(NSSpeechSynthesizer *)sender: willSpeakPhoneme:(short)phonemeOpcode: 解説 Phonemeでスピーチしようとするときに呼び出されます。 デリゲートでの実装 返り値 ( void ) な…

speechSynthesizer:didFinishSpeaking:

スピーチが終了したときに呼び出されます -(void)speechSynthesizer:(NSSpeechSynthesizer *)sender: didFinishSpeaking:(BOOL)finishedSpeaking: 解説 スピーチが終了したときに呼び出されます。 デリゲートでの実装 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSSpeechS…

voice

ボイスIDを返します 解説 ボイスIDを返します。 返り値 ( NSString * ) 文字列 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setVoice: 例文 NSLog([[speech voice] description]);

usesFeedbackWindow

フィードバックウインドウを使うかを返します 解説 フィードバックウインドウを使うかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setUsesFeedbackWindow: …

stopSpeaking

スピーチを中止します 解説 スピーチを中止します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -isSpeaking -startSpeakingString: -startSpeakingString:toURL: 例文 [spe…

startSpeakingString:toURL:

テキストを話して、指定したファイルURLに保存します -(BOOL)startSpeakingString:(NSString *)string: toURL:(NSURL *)url: 解説 テキストを話して、指定したファイルURLに保存します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSString * )string 話す文字列 ( NSU…

startSpeakingString:

文字でスピーチを開始します -(BOOL)startSpeakingString:(NSString *)string: 解説 文字でスピーチを開始します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSString * )string フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能…

setVoice:

ボイスをセットします -(BOOL)setVoice:(NSString *)voice: 解説 ボイスをセットします。セットすることができれば イエスを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSString * )voice フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instanc…

setUsesFeedbackWindow:

フィードバックウインドウを使用するかをセットします -(void)setUsesFeedbackWindow:(BOOL)flag: 解説 フィードバックウインドウを使用するかをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynth…

setDelegate:

デリゲートをセットします -(void)setDelegate:(id)anObject: 解説 デリゲートをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )anObject フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -delegate 例文 …

isSpeaking

指定したスピーチオブジェクトは、現在スピーチ中かを返します 解説 指定したスピーチオブジェクトは、現在スピーチ中かを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能 10.…

initWithVoice:

指定したボイスで、ボイスオブジェクトを初期化して返します -(id)initWithVoice:(NSString *)voice: 解説 指定したボイスで、ボイスオブジェクトを初期化して返します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( NSString * )voice フレームワーク Applicati…

delegate

デリゲートを返します 解説 デリゲートを返します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Instance Methods 使用可能 10.3 参照 -setDelegate: 例文 NSLog([[speech delegate] description]);

isAnyApplicationSpeaking

アプリケーションやシステムで、現在スピーチ中かを返します 解説 アプリケーションやシステムで、現在スピーチ中かを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Class Methods 使用可能 10.3 参照 …

defaultVoice

初期設定のボイス名を返します 解説 初期設定のボイス名を返します。 通常は"com.apple.speech.synthesis.voice.Victoria"です。 返り値 ( NSString * ) 文字列 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSSpeechSynthesizer Class Methods 使用可能 10.3…

availableVoices

現在使用することのできるボイスを配列で返します 解説 現在使用することのできるボイスを配列で返します。 初期設定のボイス "com.apple.speech.synthesis.voice.Agnes", "com.apple.speech.synthesis.voice.Albert", "com.apple.speech.synthesis.voice.Ba…

attributesForVoice:

指定したボイスの属性を辞書で返します +(NSDictionary *)attributesForVoice:(NSString *)voice: 解説 指定したボイスの属性を辞書で返します。 ●VoiceAge 年齢 ●VoiceDemoText ボイスデモテキスト ●VoiceGender ボイス性別 ●VoiceIdentifier ボイスID ●Voi…