Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSTreeController

sortDescriptors

レシーバのデータ供給時に使うソートデスクリプタの配列を返します 解説 レシーバのデータ供給時に使うソートデスクリプタの配列を返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用…

setSortDescriptors:

ソートデスクリプタをセットします -(void)setSortDescriptors:(NSArray *)sortDescriptors: 解説 ソートデスクリプタをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSArray * )sortDescriptors フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Ins…

setSelectsInsertedObjects:

レシーバーが自動的に挿入されたオブジェクトを選択するかをセットします -(void)setSelectsInsertedObjects:(BOOL)flag: 解説 レシーバーが自動的に挿入されたオブジェクトを選択するかをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレームワ…

setSelectionIndexPaths:

indexPathsでレシーバーの現在の選択をセットします -(BOOL)setSelectionIndexPaths:(NSArray *)indexPaths: 解説 indexPathsでレシーバーの現在の選択をセットします。 選択が変更できたらYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSArray * )indexP…

setSelectionIndexPath:

indexPathでレシーバーの現在の選択をセットします -(BOOL)setSelectionIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath: 解説 indexPathでレシーバーの現在の選択をセットします。 選択が変更されたらYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSIndexPath * )in…

setPreservesSelection:

レシーバーは内容が変更されたとき選択を保存する事試みるかどうかをセットします -(void)setPreservesSelection:(BOOL)flag: 解説 レシーバーは内容が変更されたとき選択を保存する事試みるかどうかをセットします。 もしフラグがYESなら選択が、必要なら保…

setLeafKeyPath:

リーフノードを表すキーをセットします -(void)setLeafKeyPath:(NSString *)key: 解説 リーフノードを表すキーをセットします。 リーフキーにYESをセットするとリーフノード(以降枝分かれがない)と判断されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * …

setCountKeyPath:

オブジェクトのノードの数を調べる カウントキーをセットします -(void)setCountKeyPath:(NSString *)key: 解説 オブジェクトのノードの数を調べるカウントキーをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク ApplicationKit…

setContent:

レシーバーの内容をcontentにします -(void)setContent:(id)content: 解説 レシーバーの内容をcontentにします。 contentはオブジェクトの配列やシングルルートオブジェクトに出来る 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )content フレームワーク ApplicationKit…

setChildrenKey:

レシーバーが子オブジェクトにアクセスするキーをセットします -(void)setChildrenKey:(NSString *)key: 解説 レシーバーが子オブジェクトにアクセスするキーをセットします。 親子関連が変わってしまうので注意 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )ke…

setAvoidsEmptySelection:

空の選択を許可しないかをセットします -(void)setAvoidsEmptySelection:(BOOL)flag: 解説 空の選択を許可しないかをセットします。flagがYESなら 内容のオブジェクトが空でない限り レシーバーは選択を保持するでしょう。デフォルトはYESです。 返り値 ( vo…

setAlwaysUsesMultipleValuesMarker:

複数のオブジェクトが選択されるときそして、レシーバーはいつも複数の値マーカーを返すかどうかセットします -(void)setAlwaysUsesMultipleValuesMarker:(BOOL)flag: 解説 調査中...複数のオブジェクトが選択されるときそして、もしそれらが同じ値を持つと…

selectsInsertedObjects

挿入オブジェクトを自動的に選択するかかどうか返します 解説 挿入オブジェクトを自動的に選択するかかどうか返します。 デフォルトはYESです。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用…

selectionIndexPaths

レシーバーの現在の選択されたオブジェクトのインデックスパスを含む配列を返します 解説 レシーバーの現在の選択されたオブジェクトのインデックスパスを含む配列を返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTree…

selectionIndexPath

選択しているインデックスパスを返します 解説 選択しているインデックスパスを返します。 選択がなければnilを返します。 返り値 ( NSIndexPath * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用可能 10.4 参照…

selectedObjects

レシーバーの選択されたオブジェクトを含む配列を返します 解説 レシーバーの選択されたオブジェクトを含む配列を返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用可能 10.4 参照 …

removeSelectionIndexPaths:

レシーバーの現在の選択からインデックスパスで選択解除します -(BOOL)removeSelectionIndexPaths:(NSArray *)indexPaths: 解説 レシーバーの現在の選択からインデックスパスで選択解除します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSArray * )indexPaths フレー…

removeObjectsAtArrangedObjectIndexPaths:

レシーバーの内容からレシーバーの配列オブジェクトの中のindexPaths仕様でオブジェクトを取り除きます -(void)removeObjectsAtArrangedObjectIndexPaths:(NSArray *)indexPaths: 解説 レシーバーの内容からレシーバーの配列オブジェクトの中のindexPaths仕…

removeObjectAtArrangedObjectIndexPath:

レシーバーの内容からindexPathでオブジェクトを取り除きます -(void)removeObjectAtArrangedObjectIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath: 解説 レシーバーの内容からindexPathでオブジェクトを取り除きます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSIndexPath * )in…

remove:

レシーバの選択されたオブジェクトを取り除きます -(void)remove:(id)sender: 解説 レシーバの選択されたオブジェクトを取り除きます。 senderは通常このメソッドを起動したオブジェクトです。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )sender フレームワーク Appli…

rearrangeObjects

レシーバーの内容をフィルタリングするトリガーに使います 解説 レシーバーの内容をフィルタリングするトリガーに使います。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -arran…

preservesSelection

現在の選択が変更されるとき、現在の選択が保存されるかどうかを返します 解説 現在の選択が変更されるとき、現在の選択が保存されるかどうかを返します。 デフォルトはYESです。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeC…

leafKeyPath

リーフキーパスを返します 解説 リーフキーパスを返します。 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setLeafKey: 例文 #import "MyObject.h" // IBOutlet NSTreeCon…

insertObjects:atArrangedObjectIndexPaths:

レシーバーのindexPathのarrangedオブジェクト配列にオブジェクトの配列を挿入します -(void)insertObjects:(NSArray *)objects: atArrangedObjectIndexPaths:(NSArray *)indexPaths: 解説 レシーバーのindexPathのarrangedオブジェクト配列にオブジェクトの…

insertObject:atArrangedObjectIndexPath:

レシーバーのindexPathのarrangedオブジェクト配列に挿入します -(void)insertObject:(id)object: atArrangedObjectIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath: 解説 レシーバーのindexPathのarrangedオブジェクト配列に挿入します。 そして、それをレシーバーの内…

insertChild:

子オブジェクトを作って挿入するアクションメソッド -(void)insertChild:(id)sender: 解説 子オブジェクトを作って挿入するアクションメソッド 新しくクラスオブジェクトを作ります。 そしてレシーバーの内容に挿入します。 senderは通常、このメソッドを起…

insert:

挿入するアクションメソッド -(void)insert:(id)sender: 解説 挿入するアクションメソッド 新しくobjectClassのクラスオブジェクトを作ります。 そして、レシーバーの内容に挿入します。 senderは通常このメソッドを起動したオブジェクトです。 返り値 ( voi…

countKeyPath

レシーバーのカウントキーパスを返します 解説 レシーバーのカウントキーパスを返します。 ツリーコントローラーの特別なキーcountKeyPath。ノードの数を検索する 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController I…

content

レシーバーの内容を返します 解説 レシーバーの内容を返します。 返り値 ( id ) オブジェクト(NSArray) 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setContent: 例文 #import "MyObject.h" // IBO…

childrenKeyPath

レシーバーの子オブジェクトのキーを返します 解説 レシーバーの子オブジェクトのキーを返します。 Treeオブジェクトの親子関連を示す特別なキー 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods …