Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSTypesetter

defaultTypesetterBehavior

デフォルトのタイプセッタの挙動を返します 解説 デフォルトのタイプセッタの挙動を返します。 返り値 ( NSTypesetterBehavior ) タイプセッタのビヘイビア 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Class Methods 使用可能 10.2 参照 例文 …

sharedSystemTypesetterForBehavior:

挙動を指定して、共有システムタイプセッターを返します +(id)sharedSystemTypesetterForBehavior:(NSTypesetterBehavior)theBehavior: 解説 挙動を指定して、共有システムタイプセッターを返します。 【NSTypesetterBehavior】 ●NSTypesetterLatestBehavior…

willSetLineFragmentRect:forGlyphRange:usedRect:baselineOffset:

** -(void)willSetLineFragmentRect:(NSRect *)lineRect: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: usedRect:(NSRect *)usedRect: baselineOffset:(float *)baselineOffset: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSRect * )lineRect ( NSRange )glyphRan…

usesFontLeading

タイプセッターが行間に使う値は現在のフォントのフォンとメトリック情報を使うかどうかを返します 解説 タイプセッターが行間に使う値は現在のフォントのフォンとメトリック情報を使うかどうか ブール値を返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレーム…

typesetterBehavior

タイプセッターの現在の挙動を返します 解説 タイプセッターの現在の挙動を返します。返される値の詳細はNSLayoutManagerのConstantsを見てください。 返り値 ( NSTypesetterBehavior ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instan…

textTabForGlyphLocation:writingDirection:maxLocation:

テキストタブを返します -(NSTextTab *)textTabForGlyphLocation:(float)glyphLocation: writingDirection:(NSWritingDirection)direction: maxLocation:(float)maxLocation: 解説 タイプセッターでタブを含む場合に呼び出されます。 テキストタブを返します…

substituteGlyphsInRange:withGlyphs:

** -(void)substituteGlyphsInRange:(NSRange)glyphRange: withGlyphs:(NSGlyph *)glyphs: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSRange )glyphRange ( NSGlyph * )glyphs フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用…

substituteFontForFont:

スクリーンフォントにマッピングするメソッド -(NSFont *)substituteFontForFont:(NSFont *)originalFont: 解説 スクリーンフォントにマッピングするメソッド 返り値 ( NSFont * ) なし 引数 ( NSFont * )originalFont オリジナルフォント フレームワーク Ap…

shouldBreakLineByWordBeforeCharacterAtIndex:

** -(BOOL)shouldBreakLineByWordBeforeCharacterAtIndex:(unsigned)charIndex: 解説 調査中... 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( unsigned )charIndex フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -shouldBreakL…

shouldBreakLineByHyphenatingBeforeCharacterAtIndex:

** -(BOOL)shouldBreakLineByHyphenatingBeforeCharacterAtIndex:(unsigned)charIndex: 解説 調査中... 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( unsigned )charIndex フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -shoul…

setUsesFontLeading:

タイプセッターがフォントメトリックス情報でのリーディング値を使うかどうかをセットします -(void)setUsesFontLeading:(BOOL)flag: 解説 タイプセッターがフォントメトリックス情報でのリーディング(ラインギャップ)値を使うかどうかをセットします。 返…

setTypesetterBehavior:

** -(void)setTypesetterBehavior:(NSTypesetterBehavior)behavior: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSTypesetterBehavior )behavior フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -typesetterBeha…

setParagraphGlyphRange:separatorGlyphRange:

** -(void)setParagraphGlyphRange:(NSRange)paragraphRange: separatorGlyphRange:(NSRange)paragraphSeparatorRange: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSRange )paragraphRange ( NSRange )paragraphSeparatorRange フレームワーク Applicatio…

setNotShownAttribute:forGlyphRange:

** -(void)setNotShownAttribute:(BOOL)flag: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag ( NSRange )glyphRange フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照…

setLocation:withAdvancements:forStartOfGlyphRange:

** -(void)setLocation:(NSPoint)location: withAdvancements:(const float *)advancements: forStartOfGlyphRange:(NSRange)glyphRange: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSPoint )location ( const float * )advancements ( NSRange )glyphRan…

setLineFragmentRect:forGlyphRange:usedRect:baselineOffset:

行分割された矩形をセットする時に呼び出されます。 -(void)setLineFragmentRect:(NSRect)fragmentRect: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: usedRect:(NSRect)usedRect: baselineOffset:(float)baselineOffset: 解説 glyphRangeのグリフがfragmentRectへレ…

setLineFragmentPadding:

ラインフラグメントの量をポイントでセットします -(void)setLineFragmentPadding:(float)padding: 解説 ラインフラグメントの量をポイントでセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( float )padding フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter…

setHyphenationFactor:

ハイフネーションファクターをセットします -(void)setHyphenationFactor:(float)factor: 解説 ハイフネーションファクターをセットします。 factor引数は0.0から1.0の間。 デフォルトでは値は0.0、ハイフネーションがオフだという事を意味する。 factorが1.…

setHardInvalidation:forGlyphRange:

** -(void)setHardInvalidation:(BOOL)flag: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag ( NSRange )glyphRange フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 …

setDrawsOutsideLineFragment:forGlyphRange:

** -(void)setDrawsOutsideLineFragment:(BOOL)flag: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag ( NSRange )glyphRange フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10…

setBidiProcessingEnabled:

双方向テキストレイアウトをセットします -(void)setBidiProcessingEnabled:(BOOL)flag: 解説 双方向テキストレイアウトをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag 有効YES/NO フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance M…

setBidiLevels:forGlyphRange:

レベルで双方向性テキストをglyphRangeでグリフの方向をセットします -(void)setBidiLevels:(const uint8_t *)levels: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: 解説 レベルで双方向性テキストをglyphRangeでグリフの方向をセットします。 レベルの値はUnicode S…

setAttributedString:

属性付き文字列をセットします -(void)setAttributedString:(NSAttributedString *)attrString: 解説 属性付き文字列をセットします。 文字オブジェクトはretainされない。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSAttributedString * )attrString フレームワーク Ap…

setAttachmentSize:forGlyphRange:

** -(void)setAttachmentSize:(NSSize)attachmentSize: forGlyphRange:(NSRange)glyphRange: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSSize )attachmentSize ( NSRange )glyphRange フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Metho…

paragraphSpacingBeforeGlyphAtIndex:withProposedLineFragmentRect:

** -(float)paragraphSpacingBeforeGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: withProposedLineFragmentRect:(NSRect)rect: 解説 調査中...glyphIndexで決められたグリフの前に影響する段落の前に追加された スペースのポイントの数を返します。 返り値 ( float )…

paragraphSpacingAfterGlyphAtIndex:withProposedLineFragmentRect:

段落スペーシングを返します -(float)paragraphSpacingAfterGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: withProposedLineFragmentRect:(NSRect)rect: 解説 段落スペーシングを返します。 返り値 ( float ) なし 引数 ( unsigned )glyphIndex ( NSRect )rect フレー…

paragraphSeparatorGlyphRange

現在の段落セパレータ範囲を返します 解説 現在の段落セパレータ範囲を返します。 返り値 ( NSRange ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setParagraphGlyphRange:separatorGlyphRange: -p…

paragraphSeparatorCharacterRange

** 解説 調査中... 返り値 ( NSRange ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -paragraphGlyphRange -paragraphSeparatorGlyphRange -paragraphCharacterRange 例文

paragraphGlyphRange

** 解説 現在処理中のグルフ範囲を返します。 返り値 ( NSRange ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setParagraphGlyphRange:separatorGlyphRange: -paragraphSeparatorGlyphRange -parag…

paragraphCharacterRange

** 解説 現在処理中の文字範囲を返します。 返り値 ( NSRange ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -paragraphSeparatorCharacterRange -paragraphSeparatorGlyphRange -paragraphGlyphRange…

lineSpacingAfterGlyphAtIndex:withProposedLineFragmentRect:

行間を返します -(float)lineSpacingAfterGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: withProposedLineFragmentRect:(NSRect)rect: 解説 行間を返します。glyphIndexのグリフが影響される 返り値 ( float ) なし 引数 ( unsigned )glyphIndex ( NSRect )rect フレ…

lineFragmentPadding

** 解説 ラインフラグメントパッデイングを返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setLineFragmentPadding: 例文

layoutParagraphAtPoint:

タイプセッターが行の描画を始める位置をlineFragmentOriginで返します -(unsigned int)layoutParagraphAtPoint:(NSPoint *)lineFragmentOrigin: 解説 タイプセッターが行の描画を始める位置をlineFragmentOriginで返します。 返り値 ( unsigned int ) 整数…

layoutManager

** 解説 レイアウトマネージャーを返します。 返り値 ( NSLayoutManager * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

insertGlyph:atGlyphIndex:characterIndex:

** -(void)insertGlyph:(NSGlyph)glyph: atGlyphIndex:(unsigned)glyphIndex: characterIndex:(unsigned)charIndex: 解説 ストリームの中で新しいグリフを挿入します。 挿入するグリフは glyphIndexでキャッシュされるグリフとcharIndexでの文字のマップ 返…

hyphenationFactorForGlyphAtIndex:

** -(float)hyphenationFactorForGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: 解説 glyphIndexで有効なハイフネーションを返します。 ハイフネーションファクターは0.0から1.0までの範囲の値です。 デフォルトでは値は0.0で、ハイフネーションはOFFであることを意味…

hyphenationFactor

** 解説 現在のハイフネーションファクターを返します。 ハイフネーションファクターは0.0から1.0までの範囲の値です。 デフォルトでは値は0.0で、ハイフネーションはOFFであることを意味します。 ファクターが1.0ならいつもハイフネーションが試みられます…

hyphenCharacterForGlyphAtIndex:

** -(UTF32Char)hyphenCharacterForGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: 解説 レイアウトマネージャーでハイフネーションが有効なとき、glyphIndexで挿入されるハイフン文字を返します。 タイプセッターはハイフネーションの前にこのメソッドを呼びます。 サ…

glyphRangeForCharacterRange:actualCharacterRange:

charRangeでストアしたテキストの文字のマップするグリフ範囲を返します -(NSRange)glyphRangeForCharacterRange:(NSRange)charRange: actualCharacterRange:(NSRangePointer)actualCharRange: 解説 charRangeでストアしたテキストの文字のマップするグリフ…

getLineFragmentRect:usedRect:remainingRect:forStartingGlyphAtIndex:proposedRect:lineSpacing:paragraphSpacingBefore:paragraphSpacingAfter:

ラインフラグメント矩形を計算します -(void)getLineFragmentRect:(NSRectPointer)lineFragmentRect: usedRect:(NSRectPointer)lineFragmentUsedRect: remainingRect:(NSRectPointer)remainingRect: forStartingGlyphAtIndex:(unsigned)startingGlyphIndex: …

getLineFragmentRect:usedRect:forParagraphSeparatorGlyphRange:atProposedOrigin:

ラインフラグメント矩形と空行のためのラインフラゲメントが使う矩形を計算します -(void)getLineFragmentRect:(NSRect *)lineFragmentRect: usedRect:(NSRect *)lineFragmentUsedRect: forParagraphSeparatorGlyphRange:(NSRange)paragraphSeparatorGlyphRa…

getGlyphsInRange:glyphs:characterIndexes:glyphInscriptions:elasticBits:bidiLevels:

** -(unsigned)getGlyphsInRange:(NSRange)glyphsRange: glyphs:(NSGlyph *)glyphBuffer: characterIndexes:(unsigned *)charIndexBuffer: glyphInscriptions:(NSGlyphInscription *)inscribeBuffer: elasticBits:(BOOL *)elasticBuffer: bidiLevels:(unsign…

endParagraph

** 解説 段落の最後のレイアウトパラメーターをセットアップします。 具体的には、サブクラスはlayoutParagraphAtPoint: 実装の最後でこのメソッドを起動しようとします。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Ins…

endLineWithGlyphRange:

行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。 -(void)endLineWithGlyphRange:(NSRange)lineGlyphRange: 解説 行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。 具体的には、layoutParagraphAtPoint:のサブクラスの実装はそれぞれの行の最後で起…

deleteGlyphsInRange:

** -(void)deleteGlyphsInRange:(NSRange)glyphRange: 解説 グリフから レイアウトマネージャーでキャッシュが縁てされたglyphRangeの範囲のグリフを削除します。 サブクラスはオーバーライドできます。 カスタムのグリフストレージで 返り値 ( void ) なし …

currentTextContainer

** 解説 現在のタイプセットのコンテナを返します。 返り値 ( NSTextContainer * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

characterRangeForGlyphRange:actualGlyphRange:

指定したグリフ範囲の文字列範囲を返します -(NSRange)characterRangeForGlyphRange:(NSRange)glyphRange: actualGlyphRange:(NSRangePointer)actualGlyphRange: 解説 レシーバーのテキストストアがglyphRangeでグリフにマップされた文字の範囲を返します。 …

boundingBoxForControlGlyphAtIndex:forTextContainer:proposedLineFragment:glyphPosition:characterIndex:

制御文字があった時に呼び出される -(NSRect)boundingBoxForControlGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: forTextContainer:(NSTextContainer *)textContainer: proposedLineFragment:(NSRect)proposedRect: glyphPosition:(NSPoint)glyphPosition: character…

bidiProcessingEnabled

両方向のテキストかを返します 解説 両方向のテキストかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setBidiProcessingEnabled: 例文 //タイプセッターは左右レイア…

beginParagraph

** 解説 段落の始まりでレイアウトパラメーターをセットアップします。 具体的なサブクラス実装はこれらのlayoutParagraphAtPoint: 実装の最初でこのメソッドを起動する 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Insta…