Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

QuartzCore

filterWithImageURL:options:

** +(CIFilter *)filterWithImageURL:(NSURL *)url: options:(NSDictionary *)options: 解説 返り値 ( CIFilter * ) 引数 ( NSURL * )url ( NSDictionary * )options フレームワーク QuartzCore クラス CIRAWFilter Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

filterWithImageData:options:

** +(CIFilter *)filterWithImageData:(NSData *)data: options:(NSDictionary *)options: 解説 返り値 ( CIFilter * ) 引数 ( NSData * )data ( NSDictionary * )options フレームワーク QuartzCore クラス CIRAWFilter Class Methods 使用可能 10.5 参照 …

currentDecoderVersion

** 解説 返り値 ( unsigned long ) 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIRAWFilter Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

writeToURL:atomically:

** -(BOOL)writeToURL:(NSURL *)aURL: atomically:(BOOL)flag: 解説 返り値 ( BOOL ) 引数 ( NSURL * )aURL ( BOOL )flag フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator 使用可能 10.5 参照 例文

setAttributes:forExportedKey:

** -(void)setAttributes:(NSDictionary*)attributes: forExportedKey:(NSString*)key: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSDictionary* )attributes ( NSString* )key フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator 使用可能 10.5 参照 例文

removeExportedKey:

** -(void)removeExportedKey:(NSString*)exportedKeyName: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSString* )exportedKeyName フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator 使用可能 10.5 参照 例文

registerFilterName:classAttributes:

** -(void)registerFilterName:(NSString *)name: classAttributes:(NSDictionary *)d: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )name ( NSDictionary * )d フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator 使用可能 10.5 参照 例文

initWithContentsOfURL:

** -(id)initWithContentsOfURL:(NSURL*)aURL: 解説 返り値 ( id ) 引数 ( NSURL* )aURL フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator 使用可能 10.5 参照 例文

exportKey:fromObject:withName:

** -(void)exportKey:(NSString*)key: fromObject:(id)targetObject: withName:(NSString*)exportedKeyName: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSString* )key ( id )targetObject ( NSString* )exportedKeyName フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGener…

exportedKeys

** 解説 返り値 ( NSDictionary* ) 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator 使用可能 10.5 参照 例文

disconnectObject:withKey:toObject:withKey:

** -(void)disconnectObject:(id)sourceObject: withKey:(NSString*)key: toObject:(id)targetObject: withKey:(NSString*)targetKey: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( id )sourceObject ( NSString* )key ( id )targetObject ( NSString* )targetKey フレーム…

connectObject:withKey:toObject:withKey:

** -(void)connectObject:(id)sourceObject: withKey:(NSString*)sourceKey: toObject:(id)targetObject: withKey:(NSString*)targetKey: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( id )sourceObject ( NSString* )sourceKey ( id )targetObject ( NSString* )targetKey …

filterGeneratorWithContentsOfURL:

** +(CIFilterGenerator*)filterGeneratorWithContentsOfURL:(NSURL*)aURL: 解説 返り値 ( CIFilterGenerator* ) 引数 ( NSURL* )aURL フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

filterGenerator

** 解説 返り値 ( CIFilterGenerator* ) 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIFilterGenerator Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

load:

** -(BOOL)load:(void *)host: 解説 調査中... イメージユニットが初期化に成功したならtrueを返します。loadメソッドはイメージユニットの初期化のため 最初のフィルタイメージユニットが初期化されるときホストによって一回呼び出すこのメソッドはイメージ…

provideImageData:bytesPerRow:origin:x:y:size:height:userInfo:

** -(void)provideImageData:(void *)data: bytesPerRow:(size_t)rowbytes: origin:(size_t)origin: x:(size_t)x: y:(size_t)y: size:(size_t)size: height:(size_t)height: userInfo:(id)userInfo: 解説 CIImageオブジェクトにデータを供給します。 返り値 …

Z

ベクターの3番目の位置の値(Z値)を返します 解説 調査中... ベクターの3番目の位置の値(Z値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

Y

ベクターの2番目の位置の値(Y値)を返します 解説 調査中... ベクターの2番目の位置の値(Y値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

X

ベクターの1番目の位置の値(X値)を返します 解説 調査中... ベクターの1番目の位置の値(X値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

W

ベクターの4番目の位置の値(W値)を返します 解説 調査中... ベクターの4番目の位置の値(W値)を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

valueAtIndex:

** -(float)valueAtIndex:(size_t)index: 解説 調査中...指定した位置の値を返します。 引数は0から始まる。 コンポーネントが定義されていなければメソッドは0を返します。 返り値 ( float ) なし 引数 ( size_t )index フレームワーク QuartzCore クラス C…

stringRepresentation

ベクターの内容を表す文字を返します 解説 調査中...ベクターの内容を表す文字を返します。 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithX:Y:Z:W:

ベクターの4つの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: W:(float)w: 解説 調査中...ベクターの4つの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x ( float )y ( float )z ( float )w フレームワーク QuartzCore クラス CIVecto…

initWithX:Y:Z:

ベクターの3つの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: 解説 調査中... ベクターの3つの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x ( float )y ( float )z フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使…

initWithX:Y:

ベクターの2つの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: Y:(float)y: 解説 調査中... ベクターの2つの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x ( float )y フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithX:

ベクターのひとつの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: 解説 調査中... ベクターのひとつの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithValues:count:

複数の値でベクターを初期化します -()initWithValues:(const float *)values: count:(size_t)count: 解説 調査中... 複数の値でベクターを初期化します。 返り値 引数 ( const float * )values ( size_t )count フレームワーク QuartzCore クラス CIVector …

count

.ベクターでのアイテム数を返します 解説 調査中.. .ベクターでのアイテム数を返します 返り値 ( size_t ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

vectorWithX:Y:Z:W:

4つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: W:(float)w: 解説 調査中... 4つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y ( float )z ( float )w フ…

vectorWithX:Y:Z:

3つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: 解説 調査中... 3つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y ( float )z フレームワーク QuartzCore …