NSClassDescriptionクラス

Index>Foundation>

apple(mac)

解説

継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能 Mac OS X v10.0以降 Macのみ
定義

概要

適合するプロトコル

サブクラス化の注意

引数

参照

メソッド

classDescriptionForClass:

指定したクラスのクラス定義を返します
+(NSClassDescription *)classDescriptionForClass:(Class)aClass:

解説

指定したクラス(aClass)のクラス定義を返します。見つからなければNSClassDescriptionNeededForClassNotificationをポストして調べます。それでもなければnilを返します。

返り値

( NSClassDescription * )

クラス定義

引数

( Class )aClass

クラス

クラス

NSClassDescription

Class Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSClassDescription *desc = (NSClassDescription *)[NSClassDescription classDescriptionForClass:[NSApplication class]];

NSLog([[desc attributeKeys] description]);
}

@end

invalidateClassDescriptionCache

NSClassDescriptionキャッシュを消去します

解説

NSClassDescriptionキャッシュを消去します。
直接このメソッドを呼び出す必要はありません。

返り値

( void )

なし

引数

クラス

NSClassDescription

Class Methods

使用可能

10.0

参照

例文

//ありません

registerClassDescription:forClass:

クラス定義とクラスで登録します
+(void)registerClassDescription:(NSClassDescription *)description:
                    forClass:(Class)aClass:

解説

クラス定義とクラスで登録します。めったに呼び出しません。

返り値

( void )

なし

引数

( NSClassDescription * )description

クラス定義

( Class )aClass

クラス

クラス

NSClassDescription

Class Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSClassDescription *desc = (NSClassDescription *)[NSClassDescription classDescriptionForClass:[NSApplication class]];

NSLog([[desc attributeKeys] description]);
}

@end

attributeKeys

属性キーの配列を返します

解説

属性キーの配列を返します。

返り値

( NSArray * )

属性キーの配列

引数

クラス

NSClassDescription

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- toManyRelationshipKeys
- toOneRelationshipKeys

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSClassDescription *desc = (NSClassDescription *)[NSClassDescription classDescriptionForClass:[NSApplication class]];

NSLog([[desc attributeKeys] description]);
}

@end

inverseForRelationshipKey:

指定したキーで逆の関連を返します
-(NSString *)inverseForRelationshipKey:(NSString *)relationshipKey:

解説

指定したキーで逆の関連を返します。
AppleのサイトはタイトルがinverseRelationshipKey:となっているので注意(10.2)

返り値

( NSString * )

文字列

引数

( NSString * )relationshipKey

関連キー

クラス

NSClassDescription

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSClassDescription *desc = (NSClassDescription *)[NSClassDescription classDescriptionForClass:[NSApplication class]];

NSLog([[desc inverseForRelationshipKey:@"orderedDocuments"] description]);
//NSLog([[desc toOneRelationshipKeys] description]);
}

@end

toManyRelationshipKeys

複数のリレーションキーを返します

解説

複数のリレーションキーを返します。

返り値

( NSArray * )

リレーションキー

引数

クラス

NSClassDescription

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- attributeKeys
- toOneRelationshipKeys

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSClassDescription *desc = (NSClassDescription *)[NSClassDescription classDescriptionForClass:[NSApplication class]];

NSLog([[desc toManyRelationshipKeys] description]);
}

@end