目次

NSErrorRecoveryAttemptingプロトコル

INDEX>Foundation>

(informal protocol)

apple(OS X)
apple(iOS)

フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能 OS X 10.4
  iOS 2.0以降
定義 NSError.h

概要

プロトコル

NSErrorRecoveryAttempting

参照

-attemptRecoveryFromError:optionIndex:delegate:didRecoverSelector:contextInfo:

ドキュメントモデルシートでのエラーからの回復の試みの実装
-(void)attemptRecoveryFromError:(NSError *)error:
            optionIndex:(unsigned int)recoveryOptionIndex:
            delegate:(id)delegate:
            didRecoverSelector:(SEL)didRecoverSelector:
            contextInfo:(void *)contextInfo:

解説

ドキュメントモデルシートでのエラーからの回復の試みの実装。

返り値

( void )

なし

引数

( NSError * )error

エラーを説明するNSErrorオブジェクト
エラーリカバーオプションを含む

( unsigned int )recoveryOptionIndex

エラーのローカライズされたリカバリー配列でのユーザーが選択したリカバーオプションの番号

( id )delegate

モデルデリゲートオブジェクト

( SEL )didRecoverSelector

セレクターID
モデルデリゲートによって実装されたメソッド

( void * )contextInfo

エラー回復を試みるのに関連する任意のデータ
didRecoverSelectorでデリゲートに渡される。

クラス

NSErrorRecoveryAttempting

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

例文