Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

saveDocumentWithDelegate:didSaveSelector:contextInfo:

指定したデリゲートのアクションセレクタで文書を保存します。
-(void)saveDocumentWithDelegate:(id)delegate:
     didSaveSelector:(SEL)didSaveSelector:
     contextInfo:(void *)contextInfo:

解説

指定したデリゲートのアクションセレクタで文書を保存します。カスタムの保存方法を使用したい時に使います。

返り値

( void )

なし

引数

( id )delegate

デリゲート

( SEL )didSaveSelector

セレクタ

( void * )contextInfo

追加情報

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSDocument

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

-(IBAction)saveDocument:(id)sender
{
NSLog(@"saveDocument");

[self saveDocumentWithDelegate:self
                didSaveSelector:@selector(saveSelector)
                contextInfo:nil
                ];

}
-(void)saveSelector
{
NSLog(@"saveSelector");
//ここにカスタムの保存を書く
}