読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setActivationPolicy:

INDEX>AppKit>NSApplication

アプリケーションアクティベーションポリシーをセットする

Objective-C

- (BOOL)setActivationPolicy:(NSApplicationActivationPolicy)activationPolicy

Swift

func setActivationPolicy(_ activationPolicy: NSApplicationActivationPolicy) -> Bool

解説

アプリケーションアクティベーションポリシーをセットする
Regular 通常のアプリケーション(デフォルト)
Accessory アクセサリ ドックにも表示されない Info.plistでLSUIElement=1にするのと同じ
Prohibited バックグラウンドアプリケーションInfo.plistでLSBackgroundOnly=1にするのと同じ

返り値

Objective-C

BOOL

Swift

Bool

引数

Objective-C

(NSApplicationActivationPolicy)activationPolicy

Swift

_ activationPolicy: NSApplicationActivationPolicy

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSApplication

使用可能

10.6-

更新時のバージョン

OS X 10.10

関連記事

例文

    //NSApplication activationPolicy/setActivationPolicy
    @IBAction func function064(sender: AnyObject) {
        let anApplication = MyApplication.sharedApplication()
        
        switch anApplication.activationPolicy() {
        case NSApplicationActivationPolicy.Regular:
            NSLog("NSApplicationActivationPolicy.Regular")
            anApplication.setActivationPolicy(NSApplicationActivationPolicy.Accessory)
        case NSApplicationActivationPolicy.Accessory:
            NSLog("NSApplicationActivationPolicy.Accessory")
            anApplication.setActivationPolicy(NSApplicationActivationPolicy.Regular)
        default:
            break
        }
        
    }