読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

backingScaleFactor

ApplicationKit NSScreen メンテ

INDEX>AppKit>NSScreen

スクリーンの倍率を返します

Objective-C

@property(readonly) CGFloat backingScaleFactor

Swift

var backingScaleFactor: CGFloat { get }

解説

スクリーンの倍率を返します。
通常はNSViewクラスの方を見てください。

設定値

Objective-C

@property(readonly) CGFloat backingScaleFactor

Swift

var backingScaleFactor: CGFloat { get }

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSScreen

使用可能

10.7-

更新時のバージョン

OS X 10.10.2

参照

関連記事(外部サイト)

例文

Objective-C

Swift

    //NSScreen backingScaleFactor
    @IBAction func function004(sender: AnyObject) {
        let theScreen : NSScreen = NSScreen.mainScreen()!
        let backingScaleFactor : CGFloat = theScreen.backingScaleFactor
        NSLog("backingScaleFactor = %.2f",Float(backingScaleFactor) )
        // -> 1.0
    }