読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSWindowControllerクラス

INDEX>AppKit>

ドキュメントベースアプリケーションでのウインドウの管理
継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/AppKit.framework
使用可能 OS X 10.0以降
定義
インポート文 @import AppKit;

概要

ドキュメントベースアプリケーションでのウインドウの管理を行います。

NSWindowControllerオブジェクトは一つのNSWinodwを持つことができます。

一つのNSDocumentオブジェクトに複数のNSWindowControllerオブジェクトがある場合があります。
(3Dオブジェクトの表示でいくつかの視点があるような場合)

メソッドとプロパティ

NSWindowControllerの初期化

initWithWindow: (指定イニシャライザ)
initWithWindowNibName:
  init(windowNibName:)
  Nibファイルからウインドウコントローラを初期化して返します 10.0-
initWithWindowNibName:owner:
initWithWindowNibPath:owner:

ウインドウのロードと表示

loadWindow
  nibファイルからレシーバーのウインドウをロードします。このメソッドは直接呼び出しません。
showWindow:
isWindowLoaded
Available in OS X v10.0 through OS X v10.9
window
setWindow:
windowDidLoad
windowWillLoad

ドキュメントの取得と設定

setDocument:
document
setDocumentEdited:

Nibファイル情報の取得

owner
windowNibName
windowNibPath

定数

参照

関連記事(外部サイト)

developer.apple.com


How Window Controllers Work

developer.apple.com


ドキュメントベースアプリケーションアーキテクチャ

更新時バージョン

10.10