読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

filenameExtension:isValidForType:

INDEX>AppKit>NSWorkspace

指定した拡張子がUTIタイプに適合するかどうかを返します

Objective-C

- (BOOL)filenameExtension:(NSString *)filenameExtension
           isValidForType:(NSString *)typeName

Swift

func filenameExtension(_ filenameExtension: String,
        isValidForType typeName: String) -> Bool

解説

指定した拡張子がUTIタイプに適合するかどうかを返します
拡張子gif」に対するUITタイプ「com.compuserve.gif」が適合するのはもちろんですが、上位のタイプである「public.data」にも適合するので拡張子gif」はUTIタイプ「public.data」にも適合し、YES(true)を返します。
拡張子png」の場合、UTIタイプ「public.png」と「public.data」には適合するのでYES(true)を返しますが、UITタイプ「com.compuserve.gif」には適合しないのでNO(false)を返します。


返り値

Objective-C

BOOL

Swift

Bool

引数

Objective-C

(NSString *)filenameExtension

Swift

_ filenameExtension: String,

Objective-C

isValidForType:(NSString *)typeName

Swift

isValidForType typeName: String

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWorkspace

使用可能

10.5-

更新時のバージョン

OS X 10.10

参照

更新時のバージョン

OS X 10.10.3
Swift1.2

関連記事(外部サイト)

例文

Objective-C

Swift

    //NSWorkspace filenameExtension:isValidForType:
    @IBAction func function020(sender: AnyObject) {
        let theWorkspace : NSWorkspace = NSWorkspace.sharedWorkspace()
        
        if (theWorkspace.filenameExtension("gif", isValidForType: "com.compuserve.gif")){
            NSLog("YES")
        }else{
            NSLog("NO")
        }
        //->YES
        if (theWorkspace.filenameExtension("png", isValidForType: "public.data")){
            NSLog("YES")
        }else{
            NSLog("NO")
        }
        //->YES
        if (theWorkspace.filenameExtension("png", isValidForType: "com.compuserve.gif")){
            NSLog("YES")
        }else{
            NSLog("NO")
        }
        //->NO
    }