Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-01-20から1日間の記事一覧

takeFloatValueFrom:

送信オブジェクトのfloat値浮動小数点値>でセルの値をセットします -(void)takeFloatValueFrom:(id)sender: 解説 送り主(sender)のfloat値浮動小数点値>でセルの値をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )sender 送信オブジェクト フレームワーク…

takeDoubleValueFrom:

送り主のdouble値でセルの値をセットします -(void)takeDoubleValueFrom:(id)sender: 解説 送り主(sender)のdouble値浮動小数点値>でセルの値をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )sender 送信オブジェクト フレームワーク ApplicationKit クラ…

tag

レシーバーのタグ値を返します 解説 レシーバーのタグ値を返します。NSActionCellで実装されます。NSCellの実装は、-1を返します。 返り値 ( int ) 整数値 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSCell Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - setTag:…

stringValue

フォーマッタがあれば整形された文字列値を返します 解説 フォーマッタがあれば整形された文字列値を返します。 フォーマッタがなければ、そのまま返します。 レシーバの値が文字列値でなければnilを返します。 返り値 ( NSString * ) 文字列 引数 フレーム…

stopTracking:at:inView:mouseIsUp:

マウストラック終了で呼び出されます -(void)stopTracking:(NSPoint)lastPoint: at:(NSPoint)stopPoint: inView:(NSView *)controlView: mouseIsUp:(BOOL)flag: 解説 マウストラック終了で呼び出されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSPoint )lastPoint …

state

セルの状態を返します 解説 レシーバーの状態を返します。 セルの状態は2つの状態と3つの状態があります。 2つの状態はNSOnStateとNSOffState。 3つの状態はNSOnStateとNSOffStateとNSMixedState。 【セルの状態】 ● NSOnState ● NSOffState ● NSMixedState …

isCachedSeparately

独立してキャッシュされるかを返します 解説 独立してキャッシュされるかを返します。初期設定はNOです。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSImage Instance Methods 使用可能 10.0 参照 例文 #import "SetImage.h" @impl…

startTrackingAt:inView:

マウストラック開始で呼び出されます -(BOOL)startTrackingAt:(NSPoint)startPoint: inView:(NSView *)controlView: 解説 マウストラック開始で呼び出されます サブクラスにオーバーライドして使います。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSPoint )startPoint…

initWithSize:

指定したサイズの画像を作って初期化して返します -(id)initWithSize:(NSSize)aSize: 解説 指定したサイズの画像(NSImage)を作って初期化して返します。 返り値 ( id ) 画像 引数 ( NSSize )aSize 指定するサイズ フレームワーク ApplicationKit クラス NSIm…

showsFirstResponder

レシーバーがファーストレスポンダ状態を示す点線を表示するか返します 解説 レシーバーがファーストレスポンダ状態を示す点線を表示するか返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSCell Instance Methods 使用可能 …

initWithPasteboard:

ペーストボードからNSImageを作って初期化する -(id)initWithPasteboard:(NSPasteboard *)pasteboard: 解説 ペーストボードからNSImageを初期化して返します。 サポートされる初期設定のタイプ ● NSPostscriptPboardType(NSEPSImageRep) ● NSPDFPboardType…

setWraps:

セルの中のテキストが、テキストラップするかどうかセットする -(void)setWraps:(BOOL)flag: 解説 セルの中のテキストが、テキストラップするかどうかセットする。 YESをセットするとテキストラップしてスクロールしなくなります。 返り値 ( void ) なし 引…

initWithData:

データから画像を初期化して返します -(id)initWithData:(NSData *)data: 解説 データ(data)から画像(NSImage)を初期化して返します。 作ることが出来なければnilを返します。 返り値 ( id ) 画像 引数 ( NSData * )data 画像データ フレームワーク Applicat…

setUpFieldEditorAttributes:

テキストオブジェクトの背景属性をレシーバセルの背景属性にします -(NSText *)setUpFieldEditorAttributes:(NSText *)textObj: 解説 テキストオブジェクトの背景属性をレシーバセルの背景属性にします。 変更後のテキストオブジェクトを返します。 返り値 (…

initWithContentsOfURL:

URLからNSImageを初期化して返します -(id)initWithContentsOfURL:(NSURL *)anURL: 解説 URLからNSImageを初期化して返します。 初期化することが出来なければnilを返します。 返り値 ( id ) 画像 引数 ( NSURL * )anURL URL フレームワーク ApplicationKit …

setType:

セルのタイプをセットします -(void)setType:(NSCellType)aType: 解説 セルのタイプをセットします。 【NSCellType】 ● NSTextCellType テキストセル ● NSImageTypeCell 画像セル ● NSNullCellType 内容の無いセル 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSCellType )…

initWithContentsOfFile:

画像ファイルを開いてNSImageを作ります -(id)initWithContentsOfFile:(NSString *)filename: 解説 画像ファイルを開いてNSImageを作ります。 initByReferencingFileと違い、ファイルを開けてデータから一つ以上の画像表示内容(imageRep)を作ります。 ファイ…

setTitleWithMnemonic:

ニーモニックと文字列でタイトルをセットします -(void)setTitleWithMnemonic:(NSString *)aString: 解説 ニーモニックと文字列でタイトルをセットします。 ニーモニックはアクセスキー。MacOS Xでは機能しないようです。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSStr…

initByReferencingFile:

ファイル名でNSImageを作って初期化して返す -(id)initByReferencingFile:(NSString *)filename: 解説 ファイル名で画像(NSImage)を作って初期化して返します。 実際に画像を使うまでは読み込んだりしません。 ファイル名は拡張子を含む絶対パス、または相対…

setTitle:

セルのタイトルをセットします -(void)setTitle:(NSString*)aString: 解説 セルのタイトルをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString* )aString タイトル フレームワーク ApplicationKit クラス NSCell Instance Methods 使用可能 10.0 参照 例…

drawRepresentation:inRect:

指定した範囲に画像内容を描画します -(BOOL)drawRepresentation:(NSImageRep *)imageRep: inRect:(NSRect)rect: 解説 指定した範囲に画像内容を描画します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSImageRep * )imageRep 画像の中身 ( NSRect )rect 範囲 フレー…

setTarget:

セルのターゲットをセットします -(void)setTarget:(id)anObject: 解説 セルのターゲットをセットします。 NSActionCellで実装されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )anObject ターゲットオブジェクト フレームワーク ApplicationKit クラス NSCell In…

drawInRect:fromRect:operation:fraction:

部分的に合成方法、範囲を指定して画像を合成します -(void)drawInRect:(NSRect)rect: fromRect:(NSRect)fromRect: operation:(NSCompositingOperation)op: fraction:(float)delta: 解説 部分的に合成方法、範囲を指定して画像を合成します。(NSAffineTransf…

setTag:

レシーバーのタグ値をセットします -(void)setTag:(int)anInt: 解説 レシーバーのタグ値をセットします。NSActionCellで実装されます。NSCellの実装は、NSInternalInconsistencyExceptionを起こします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( int )anInt タグ値 フレ…

drawAtPoint:fromRect:operation:fraction:

画像を表示します(NSAffineTransformで回転を適用可能) -(void)drawAtPoint:(NSPoint)aPoint: fromRect:(NSRect)fromRect: operation:(NSCompositingOperation)op: fraction:(float)delta: ディジタル画像処理の基礎と応用―基本概念から顔画像認識まで (ディ…

setStringValue:

文字列値をセットします -(void)setStringValue:(NSString *)aString: 解説 文字列値(aString)をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )aString 文字列 フレームワーク ApplicationKit クラス NSCell Instance Methods 使用可能 10.0 参照…

dissolveToPoint:fromRect:fraction:

表示範囲、不透明度を指定して画像を表示します -(void)dissolveToPoint:(NSPoint)aPoint: fromRect:(NSRect)aRect: fraction:(float)aFloat: 解説 表示範囲、不透明度を指定して画像を表示します。 aPoint 表示する場所 fromRect 画像の表示範囲 fraction …

setState:

セルの状態をセットします -(void)setState:(int)value: 解説 セルの状態をセットします セルの状態は2つの状態と3つの状態があります。 2つの状態はNSOnStateとNSOffState。 3つの状態はNSOnStateとNSOffStateとNSMixedState。 【セルの状態】 ● NSOnState …

dissolveToPoint:fraction:

不透明度を指定して画像を表示します -(void)dissolveToPoint:(NSPoint)aPoint: fraction:(float)sFloat: 解説 不透明度を指定して画像を表示します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSPoint )aPoint 表示位置 ( float )sFloat 0.0透明-1.0不透明 フレームワ…

setShowsFirstResponder:

レシーバーが、ファーストレスポンダ状態を示す輪郭線を表示するどうかセットします -(void)setShowsFirstResponder:(BOOL)flag: 解説 レシーバーが、ファーストレスポンダ状態を示す輪郭線を表示するどうかセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL…