Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-05-08から1日間の記事一覧

hyphenationFactor

** 解説 現在のハイフネーションファクターを返します。 ハイフネーションファクターは0.0から1.0までの範囲の値です。 デフォルトでは値は0.0で、ハイフネーションはOFFであることを意味します。 ファクターが1.0ならいつもハイフネーションが試みられます…

hyphenCharacterForGlyphAtIndex:

** -(UTF32Char)hyphenCharacterForGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: 解説 レイアウトマネージャーでハイフネーションが有効なとき、glyphIndexで挿入されるハイフン文字を返します。 タイプセッターはハイフネーションの前にこのメソッドを呼びます。 サ…

glyphRangeForCharacterRange:actualCharacterRange:

charRangeでストアしたテキストの文字のマップするグリフ範囲を返します -(NSRange)glyphRangeForCharacterRange:(NSRange)charRange: actualCharacterRange:(NSRangePointer)actualCharRange: 解説 charRangeでストアしたテキストの文字のマップするグリフ…

getLineFragmentRect:usedRect:remainingRect:forStartingGlyphAtIndex:proposedRect:lineSpacing:paragraphSpacingBefore:paragraphSpacingAfter:

ラインフラグメント矩形を計算します -(void)getLineFragmentRect:(NSRectPointer)lineFragmentRect: usedRect:(NSRectPointer)lineFragmentUsedRect: remainingRect:(NSRectPointer)remainingRect: forStartingGlyphAtIndex:(unsigned)startingGlyphIndex: …

getLineFragmentRect:usedRect:forParagraphSeparatorGlyphRange:atProposedOrigin:

ラインフラグメント矩形と空行のためのラインフラゲメントが使う矩形を計算します -(void)getLineFragmentRect:(NSRect *)lineFragmentRect: usedRect:(NSRect *)lineFragmentUsedRect: forParagraphSeparatorGlyphRange:(NSRange)paragraphSeparatorGlyphRa…

getGlyphsInRange:glyphs:characterIndexes:glyphInscriptions:elasticBits:bidiLevels:

** -(unsigned)getGlyphsInRange:(NSRange)glyphsRange: glyphs:(NSGlyph *)glyphBuffer: characterIndexes:(unsigned *)charIndexBuffer: glyphInscriptions:(NSGlyphInscription *)inscribeBuffer: elasticBits:(BOOL *)elasticBuffer: bidiLevels:(unsign…

endParagraph

** 解説 段落の最後のレイアウトパラメーターをセットアップします。 具体的には、サブクラスはlayoutParagraphAtPoint: 実装の最後でこのメソッドを起動しようとします。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Ins…

endLineWithGlyphRange:

行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。 -(void)endLineWithGlyphRange:(NSRange)lineGlyphRange: 解説 行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。 具体的には、layoutParagraphAtPoint:のサブクラスの実装はそれぞれの行の最後で起…

deleteGlyphsInRange:

** -(void)deleteGlyphsInRange:(NSRange)glyphRange: 解説 グリフから レイアウトマネージャーでキャッシュが縁てされたglyphRangeの範囲のグリフを削除します。 サブクラスはオーバーライドできます。 カスタムのグリフストレージで 返り値 ( void ) なし …

currentTextContainer

** 解説 現在のタイプセットのコンテナを返します。 返り値 ( NSTextContainer * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

characterRangeForGlyphRange:actualGlyphRange:

指定したグリフ範囲の文字列範囲を返します -(NSRange)characterRangeForGlyphRange:(NSRange)glyphRange: actualGlyphRange:(NSRangePointer)actualGlyphRange: 解説 レシーバーのテキストストアがglyphRangeでグリフにマップされた文字の範囲を返します。 …

boundingBoxForControlGlyphAtIndex:forTextContainer:proposedLineFragment:glyphPosition:characterIndex:

制御文字があった時に呼び出される -(NSRect)boundingBoxForControlGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: forTextContainer:(NSTextContainer *)textContainer: proposedLineFragment:(NSRect)proposedRect: glyphPosition:(NSPoint)glyphPosition: character…

bidiProcessingEnabled

両方向のテキストかを返します 解説 両方向のテキストかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setBidiProcessingEnabled: 例文 //タイプセッターは左右レイア…

beginParagraph

** 解説 段落の始まりでレイアウトパラメーターをセットアップします。 具体的なサブクラス実装はこれらのlayoutParagraphAtPoint: 実装の最初でこのメソッドを起動する 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Insta…

beginLineWithGlyphAtIndex:

行を描画する時に行の最初のグリフが、ストレージ中の何番目のグリフかをセットして呼び出されます -(void)beginLineWithGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex: 解説 行を描画する時に行の最初のグリフが、ストレージ中の何番目のグリフかをセットして呼び出さ…

attributesForExtraLineFragment

** 解説 外部ラインフラグメントのレイアウトで使う アトリビュートを返します。 デフォルトの実装は 可能なら NSTextViewのメソッドtypingAttributes を試します。 でなければ、最後の文字のアトリビュートを使います。 返り値 ( NSDictionary * ) なし 引…

attributedString

テキストバックストアを返します 解説 テキストバックストアを返します。 通常はNSTextStorageのインスタンスです。 返り値 ( NSAttributedString * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTypesetter Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -s…

actionForControlCharacterAtIndex:

charIndexのコントロールキャラクタと関連したアクションを返します -(NSTypesetterControlCharacterAction)actionForControlCharacterAtIndex:(unsigned)charIndex: 解説 charIndexのコントロールキャラクタと関連したアクションを返します。 返される値の…

sortDescriptors

レシーバのデータ供給時に使うソートデスクリプタの配列を返します 解説 レシーバのデータ供給時に使うソートデスクリプタの配列を返します。 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Instance Methods 使用…

setSortDescriptors:

ソートデスクリプタをセットします -(void)setSortDescriptors:(NSArray *)sortDescriptors: 解説 ソートデスクリプタをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSArray * )sortDescriptors フレームワーク ApplicationKit クラス NSTreeController Ins…

setSelectsInsertedObjects:

レシーバーが自動的に挿入されたオブジェクトを選択するかをセットします -(void)setSelectsInsertedObjects:(BOOL)flag: 解説 レシーバーが自動的に挿入されたオブジェクトを選択するかをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレームワ…

setSelectionIndexPaths:

indexPathsでレシーバーの現在の選択をセットします -(BOOL)setSelectionIndexPaths:(NSArray *)indexPaths: 解説 indexPathsでレシーバーの現在の選択をセットします。 選択が変更できたらYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSArray * )indexP…

setSelectionIndexPath:

indexPathでレシーバーの現在の選択をセットします -(BOOL)setSelectionIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath: 解説 indexPathでレシーバーの現在の選択をセットします。 選択が変更されたらYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSIndexPath * )in…

setPreservesSelection:

レシーバーは内容が変更されたとき選択を保存する事試みるかどうかをセットします -(void)setPreservesSelection:(BOOL)flag: 解説 レシーバーは内容が変更されたとき選択を保存する事試みるかどうかをセットします。 もしフラグがYESなら選択が、必要なら保…

setLeafKeyPath:

リーフノードを表すキーをセットします -(void)setLeafKeyPath:(NSString *)key: 解説 リーフノードを表すキーをセットします。 リーフキーにYESをセットするとリーフノード(以降枝分かれがない)と判断されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * …

setCountKeyPath:

オブジェクトのノードの数を調べる カウントキーをセットします -(void)setCountKeyPath:(NSString *)key: 解説 オブジェクトのノードの数を調べるカウントキーをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク ApplicationKit…

setContent:

レシーバーの内容をcontentにします -(void)setContent:(id)content: 解説 レシーバーの内容をcontentにします。 contentはオブジェクトの配列やシングルルートオブジェクトに出来る 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )content フレームワーク ApplicationKit…

setChildrenKey:

レシーバーが子オブジェクトにアクセスするキーをセットします -(void)setChildrenKey:(NSString *)key: 解説 レシーバーが子オブジェクトにアクセスするキーをセットします。 親子関連が変わってしまうので注意 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )ke…

setAvoidsEmptySelection:

空の選択を許可しないかをセットします -(void)setAvoidsEmptySelection:(BOOL)flag: 解説 空の選択を許可しないかをセットします。flagがYESなら 内容のオブジェクトが空でない限り レシーバーは選択を保持するでしょう。デフォルトはYESです。 返り値 ( vo…

setAlwaysUsesMultipleValuesMarker:

複数のオブジェクトが選択されるときそして、レシーバーはいつも複数の値マーカーを返すかどうかセットします -(void)setAlwaysUsesMultipleValuesMarker:(BOOL)flag: 解説 調査中...複数のオブジェクトが選択されるときそして、もしそれらが同じ値を持つと…