Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-05-25から1日間の記事一覧

entities

レシーバーのエンティティを返します 解説 レシーバーのエンティティを返します 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectModel Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -entitiesByName -entitiesForConfiguration: -s…

configurations

管理オブジェクトモデルのコンフィグレーション名を返します 解説 管理オブジェクトモデルのコンフィグレーション名を返します。 【コンフィグレーション名】 "PF_DEFAULT_CONFIGURATION_NAME" 返り値 ( NSArray * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラ…

modelByMergingModels:

** +(NSManagedObjectModel *)modelByMergingModels:(NSArray *)models: 解説 調査中... 管理オブジェクトモデルをマージします。 返り値 ( NSManagedObjectModel * ) なし 引数 ( NSArray * )models フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectModel C…

mergedModelFromBundles:

バンドルの管理オブジェクトをマージした管理オブジェクトモデルを返します +(NSManagedObjectModel *)mergedModelFromBundles:(NSArray *)bundles: 解説 バンドルの管理オブジェクトをマージした管理オブジェクトモデルを返します。 返り値 ( NSManagedObje…

URIRepresentation

URI表現を返します 解説 URI表現を返します。 返り値 ( NSURL * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectID Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

persistentStore

永続ストアを返します 解説 永続ストアを返します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectID Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

isTemporaryID

テンポラリーIDかを返します 解説 テンポラリーIDかを返します。多くのオブジェクトIDはNOを返します。 新しいオブジェクトを管理オブジェクトコンテキストに挿入したらtemporary ID を割り当てるます。 永続ストアに保存された時、永続的なIDに置き換えられ…

entity

エンティティを返します 解説 エンティティを返します。 返り値 ( NSEntityDescription * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectID Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

updatedObjects

アップデートされた(変更されてコミットされていない)オブジェクトを返します 解説 アップデートされた(変更されてコミットされていない)オブジェクトを返します。 返り値 ( NSSet * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext…

unlock

アンロックします 解説 アンロックします。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -lock -tryLock 例文

undoManager

レシーバーのアンドゥマネージャーを返します 解説 レシーバーのアンドゥマネージャーを返します。 返り値 ( NSUndoManager * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 NSLog([[manage…

undo

やり直します 解説 やり直します。 レシーバーのアンドゥマネージャーにアンドゥメッセージを送信します。 レシーバーが最後にコミットした状態まで戻ります。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance M…

tryLock

ロックを試みます 解説 ロックを試みます 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -lock -unlock 例文

stalenessInterval

レシーバーのstaleness間隔を返します 解説 レシーバーのstaleness間隔を返します。 返り値 ( NSTimeInterval ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -setStalenessInterval: 例文

setUndoManager:

レシーバーのアンドゥマネージャーをセットします -(void)setUndoManager:(NSUndoManager *)undoManager: 解説 レシーバーのアンドゥマネージャーをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSUndoManager * )undoManager フレームワーク CoreData クラ…

setStalenessInterval:

レシーバーのstaleness間隔をセットします -(void)setStalenessInterval:(NSTimeInterval)expiration: 解説 調査中... レシーバーのstaleness間隔をセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSTimeInterval )expiration フレームワーク CoreData クラス …

setRetainsRegisteredObjects:

登録オブジェクトにretainメッセージを送信するかをセットします -(void)setRetainsRegisteredObjects:(BOOL)flag: 解説 登録オブジェクトにretainメッセージを送信するかをセットします。 デフォルトはNO。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレー…

setPropagatesDeletesAtEndOfEvent:

一致したフラグをセットします -(void)setPropagatesDeletesAtEndOfEvent:(BOOL)flag: 解説 一致したフラグをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( BOOL )flag フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance Methods 使用可能 10.…

setPersistentStoreCoordinator:

レシーバーにストアコーディネーターをセットします -(void)setPersistentStoreCoordinator:(NSPersistentStoreCoordinator *)coordinator: 解説 レシーバーにストアコーディネーターをセットします。 コーディネーターは管理オブジェクトモデルを提供します…

setMergePolicy:

レシーバーのマージポリシーをセットします -(void)setMergePolicy:(id)mergePolicy: 解説 レシーバーのマージポリシーをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )mergePolicy フレームワーク CoreData クラス NSManagedObjectContext Instance Meth…