Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-06-08から1日間の記事一覧

** 解説 @property(readonly) CGRect visibleRect 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property LKTransform transform 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property(readonly) LKLayer *superlayer レシーバーのサブレイヤー 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property LKTransform sublayerTransform 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property NSArray *sublayers レシーバーのサブレイヤーを含む配列 レイヤーが後ろから前にリストアップされる。デフォルトはnil 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property NSDictionary *style検索プロパティ値のためのオプション辞書への参照 レシーバーによってはっきりと定義されないこの辞書はスタイルキーによって順番にデフォルトの値の階層を形作る もし、スタイル辞書が属性の値を定義しないなら、レシ…

** 解説 @property CGFloat shadowRadiusレシーバーのレンダリングに使うぼかし径の仕様 デフォルトは3.0 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property float shadowOpacity レシーバーの影の透明度の仕様。アニメーション可能 デフォルトは0.0 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property CGSize shadowOffset レシーバーの影のオフセット デフォルトは(0.0,-3.0) 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property CGColorRef shadowColor レシーバーの影の色デフォルトは不透明ブラック(opaque black) 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property CGPoint position サブレイヤーの座標システムでレシーバーの位置を指定する 位置はレシーバーの矩形の中心 デフォルトは(0.0,0.0) 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property BOOL opaque 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property float opacity レシーバーの不透明度を返します。 設定可能な値は0.0(透明)から1.0(不透明) デフォルトは1.0 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property BOOL needsDisplayOnBoundsChange 矩形がアップデートした時にレシーバーを再描画しなくてはいけないかを返します。 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property NSString *name 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property BOOL masksToBounds レシーバーの矩形でサブレイヤーがクリップされるかを決める 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property LKLayer *mask フィルタされた背景とレイヤーの内容の合成の結果レイヤーのバックグラウンドとの間を選択するためにマスクとして使われるアルファチャンネル オプションレイヤー 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer…

** 解説 @property id layoutManager レシーバーのサブレイヤーのレイアウトに責任を持つ特定のレイアウトマネージャー レイアウトマネージャーはLKLayoutManager通常プロトコルを実装しなければならない デフォルトの値はnil。 返り値 引数 フレームワーク …

** 解説 @property BOOL hidden レシーバーが表示されているかどうか分析する。 デフォルトはNO 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照

** 解説 @property CGRect frame 返り値 引数 フレームワーク CoreAnimation クラス LKLayer Instance Methods 使用可能 10.5 参照