Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-06-12から1日間の記事一覧

managerForSourceModel:destinationModel:error:

** -(NSMigrationManager *)managerForSourceModel:(NSManagedObjectModel *)sourceModel: destinationModel:(NSManagedObjectModel *)destinationModel: error:(NSError **)error: 解説 返り値 ( NSMigrationManager * ) 引数 ( NSManagedObjectModel * )so…

versionHash

** 解説 返り値 ( NSData * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSRelationshipDescription 使用可能 10.5 参照 例文

valueExpression

** 解説 返り値 ( NSExpression * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSPropertyMapping 使用可能 10.5 参照 例文

userInfo

** 解説 返り値 ( NSDictionary * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSPropertyMapping 使用可能 10.5 参照 例文

setValueExpression:

** -(void)setValueExpression:(NSExpression *)expression: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSExpression * )expression フレームワーク CoreData クラス NSPropertyMapping 使用可能 10.5 参照 例文

setUserInfo:

** -(void)setUserInfo:(NSDictionary *)userInfo: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSDictionary * )userInfo フレームワーク CoreData クラス NSPropertyMapping 使用可能 10.5 参照 例文

setName:

** -(void)setName:(NSString *)name: 解説 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )name フレームワーク CoreData クラス NSPropertyMapping 使用可能 10.5 参照 例文

name

** 解説 レシーバーの宛先エンティティでプロパティの名前を返します。 返り値 ( NSString * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSPropertyMapping 使用可能 10.5 参照 例文

versionHashModifier

** 解説 レシーバーのバージョンハッシュ修正を返します。 返り値 ( NSString * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSPropertyDescription 使用可能 10.5 参照 例文

versionHash

** 解説 レシーバーのバージョンハッシュを返します。 返り値 ( NSData * ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSPropertyDescription 使用可能 10.5 参照 例文

setVersionHashModifier:

** -(void)setVersionHashModifier:(NSString *)modifierString: 解説 レシーバーのバージョンハッシュ修正をセットする 返り値 ( void ) 引数 ( NSString * )modifierString フレームワーク CoreData クラス NSPropertyDescription 使用可能 10.5 参照 例文

setURL:forPersistentStore:

** -(BOOL)setURL:(NSURL*)url: forPersistentStore:(id)store : 解説 与えられた永続ストアにURLをセットします。 返り値 ( BOOL ) 引数 ( NSURL* )url ( id )store フレームワーク CoreData クラス NSPersistentStoreCoordinator 使用可能 10.5 参照 例文

registerStoreClass:forStoreType:

** +(void)registerStoreClass:(Class)storeClass: forStoreType:(NSString *)storeType: 解説 与えられたストアタイプ文字列で与えられたNSObjectStoreサブクラスを登録します。 返り値 ( void ) 引数 ( Class )storeClass ( NSString * )storeType フレー…

registeredStoreTypes

** 解説 登録されたストアタイプの辞書を返します。 返り値 ( NSDictionary ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSPersistentStoreCoordinator Class Methods 使用可能 10.5 参照 例文

willRemoveFromCoordinator:

** -(void)willRemoveFromCoordinator:(NSPersistentStoreCoordinator *)coordinator: 解説 永続ストアコーディネーターからレシーバーが取り除かれる前に起動します。 返り値 ( void ) 引数 ( NSPersistentStoreCoordinator * )coordinator フレームワーク …

URL

** 解説 レシーバーのURLを返します。 返り値 ( NSURL * ) レシーバーのURL 引数 フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

type

** 解説 レシーバーのタイプを文字列で返します。 永続ストアコーディネーターに追加する時のストアのタイプを指定する時に使う文字列です。 サブクラスは固有のタイプを提供するためにこのメソッドをオーバーライドしなければならない。 返り値 ( NSString …

setURL:

** -(void)setURL:(NSURL *)url: 解説 レシーバーのURLをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSURL * )url フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

setReadOnly:

** -(void)setReadOnly:(BOOL)flag: 解説 レシーバーがリードオンリーかどうかセットします。 返り値 ( void ) リードオンリーならYES、そうでなければNO 引数 ( BOOL )flag フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

setMetadata:

** -(void)setMetadata:(NSDictionary *)storeMetadata: 解説 レシーバーにメタデータをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSDictionary * )storeMetadata フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

setIdentifier:

** -(void)setIdentifier:(NSString *)identifier: 解説 レシーバーの固有のIDをセットします。 返り値 ( void ) レシーバーの固有のID 引数 ( NSString * )identifier フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

persistentStoreCoordinator

** 解説 ロードされたレシーバーの永続ストアコーディネーターを返します。 返り値 ( NSPersistentStoreCoordinator* ) ロードされたレシーバーの永続ストアコーディネーター 引数 フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

options

** 解説 レシーバーが作られるときのオプションを返します。 この辞書のキー名のリストはNSPersistentStoreCoordinatorを見てください。 返り値 ( NSDictionary * ) レシーバーが作られるときのオプション 引数 フレームワーク CoreData クラス NSObjectStor…

metadata

** 解説 レシーバーのメタデータを返します。 サブクラスはストレージとストアメタデータの永続の提供にこのメソッドをオーバーライドしなければならない。 返り値 ( NSDictionary * ) レシーバーのメタデータ 引数 フレームワーク CoreData クラス NSObject…

isReadOnly

** 解説 レシーバーがリードオンリーかどうかを示すブール値を返します。 返り値 ( BOOL ) レシーバーがリードオンリーならYES、そうでなければNO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

initWithPersistentStoreCoordinator:configurationName:URL:options:

** -(id)initWithPersistentStoreCoordinator:(NSPersistentStoreCoordinator *)root: configurationName:(NSString *)name: URL:(NSURL *)url: options:(NSDictionary *)options: 解説 与えられた引数で初期化されたストアを返します。 初期化と一緒にsetMe…

identifier

** 解説 レシーバーの固有IDを返します。 IDはストアでそれぞれの管理オブジェクトIDの部分として使われる。 サブクラスはストアのインスタンスのグローバルな固有IDを提供するためにこの実装をしなければいけません。 返り値 ( NSString * ) レシーバーの固…

didAddToPersistentStoreCoordinator:

** -(void)didAddToPersistentStoreCoordinator:(NSPersistentStoreCoordinator *)coordinator: 解説 レシーバーが永続ストアコーディネーターに追加された後で起動します。 デフォルトの実装は何もしない サブクラスはこのメソッドをオーバーライドできる …

configurationName

** 解説 レシーバが作る時に使う管理オブジェクトモデル構造の名前を返します。 返り値 ( NSString * ) レシーバが作る時に使う管理オブジェクトモデル構造の名前 引数 フレームワーク CoreData クラス NSObjectStore 使用可能 10.5 参照 例文

setMetadata:forPersistentStoreAtURL:error:

** +(BOOL)setMetadata:(NSDictionary *)metadata: forPersistentStoreAtURL:(NSURL*)url: error:(NSError **)error: 解説 与えられたURLのストアにメタデータをセットします。 返り値 ( BOOL ) メタデータを正しく書くことができたらYES、そうでなければNO …