Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

2008-01-07から1日間の記事一覧

isTornOff

メニューは画面外かを返します 解説 メニューは画面外かを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Instance Methods 使用可能 10.0 参照 *

isAttached

サブメニューがつけられているかを返します 解説 サブメニューがつけられているかを返します。つけられていればYESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Instance Methods 使用可能 10.0 参照 例文 #impor…

insertItemWithTitle:action:keyEquivalent:atIndex:

メニューに、タイトル・代替キー・番号でメニュー項目を追加します -(id <NSMenuItem>)insertItemWithTitle:(NSString *)aString: action:(SEL)aSelector: keyEquivalent:(NSString *)keyEquiv: atIndex:(unsigned int)index: 解説 メニューに、タイトル・代替キー・番号</nsmenuitem>…

insertItem:atIndex:

メニューを指定した位置に挿入します -(void)insertItem:(id <NSMenuItem>)newItem: atIndex:(int)index: 解説 メニューを指定した位置に挿入します。 NSMenuDidAddItemNotificationをポストします。 メニューバーに挿入する場合は [[NSApp mainMenu] insertItem: menuIt</nsmenuitem>…

initWithTitle:

タイトルでメニューを初期化して返します -(id)initWithTitle:(NSString *)aTitle: 解説 タイトルでメニューを初期化して返します。 返り値 ( id ) メニュー 引数 ( NSString * )aTitle タイトル フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Instance Meth…

indexOfItemWithTitle:

タイトルがaTitleの項目の番号を返します -(int)indexOfItemWithTitle:(NSString *)aTitle: 解説 タイトルがaTitleの項目の番号を返します。 なければ-1を返します。 返り値 ( int ) 整数値 引数 ( NSString * )aTitle タイトル フレームワーク ApplicationK…

indexOfItemWithTarget:andAction:

指定したターゲットとセレクタを持つメニュー項目の番号を返します -(int)indexOfItemWithTarget:(id)anObject: andAction:(SEL)actionSelector: 解説 指定したターゲットとセレクタを持つメニュー項目の番号を返します。 セレクタ(actionSelector)がnilなら…

indexOfItemWithTag:

タグで指定したメニュー項目のインデックスを返します -(int)indexOfItemWithTag:(int)aTag: 解説 タグ(aTag)で指定したメニュー項目のインデックスを返します。メニュー項目の中になければ-1を返します。 返り値 ( int ) 整数値 引数 ( int )aTag タグ フレ…

indexOfItemWithSubmenu:

メニューオブジェクトと同じサブメニューを持つメニュー項目の番号を返します -(int)indexOfItemWithSubmenu:(NSMenu *)anObject: 解説 メニューオブジェクト(anObject)と同じサブメニューを持つメニュー項目の番号を返します。 メニュー項目の中になければ-…

indexOfItemWithRepresentedObject:

指定したオブジェクトがあるメニュー項目の番号を返します -(int)indexOfItemWithRepresentedObject:(id)anObject: 解説 指定したオブジェクトがあるメニュー項目の番号を返します。representedObjectはプログラマが自由に使える置き場所です。なければ-1を…

indexOfItem:

メニュー項目のメニューでの番号を返します -(int)indexOfItem:(id <NSMenuItem>)anObject: 解説 メニュー項目(anObject)のメニューでの番号を返します。 なければ-1を返します。 返り値 ( int ) 整数値 引数 ( id <NSMenuItem> )anObject フレームワーク ApplicationKit クラス NS</nsmenuitem></nsmenuitem>…

helpRequested:

ヘルプが要求された時に呼び出されます -(void)helpRequested:(NSEvent *)event: 解説 ヘルプが要求された時に呼び出されます。サブクラスでオーバーライドします。 直接呼び出しません。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSEvent * )event イベント フレームワ…

autoenablesItems

自動的にメニューを使用可能にするかを返します 解説 自動的にメニューを使用可能にするかを返します。 初期設定はYESです。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Instance Methods 使用可能 10.0 参照 -setAutoenable…

attachedMenu

アタッチメントメニューを返します 解説 アタッチメントメニューを返します。なければnilを返します。 返り値 ( NSMenu * ) メニュー 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Instance Methods 使用可能 10.0 参照 例文 #import "MyObject.h" @im…

addItemWithTitle:action:keyEquivalent:

メニューに、タイトル・アクション・代替キーでメニュー項目を追加します -(id <NSMenuItem>)addItemWithTitle:(NSString *)aString: action:(SEL)aSelector: keyEquivalent:(NSString *)keyEquiv: 解説 メニューに、タイトル・アクション・代替キーでメニュー項目を追加</nsmenuitem>…

addItem:

メニューの末尾にメニュー項目を加えます -(void)addItem:(id <NSMenuItem>)newItem: 解説 メニューの末尾にメニュー項目(newItem)を加えます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( id <NSMenuItem> )newItem 付け加えるメニュー項目 フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Instan</nsmenuitem></nsmenuitem>…

setMenuZone:

メニューのゾーンをセットします +(void)setMenuZone:(NSZone *)zone: 解説 メニューのゾーンをセットします 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSZone * )zone ゾーン フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Class Methods 使用可能 10.0 参照 例文 #impo…

popUpContextMenu:withEvent:forView:

指定したビューにポップアップコンテキストメニューを表示します +(void)popUpContextMenu:(NSMenu*)menu: withEvent:(NSEvent*)event: forView:(NSView*)view: 解説 指定したビューにポップアップコンテキストメニューを表示します。 返り値 ( void ) なし …

menuZone

メニューのゾーンを返します 解説 メニューのゾーンを返します。なければ作って返します。 返り値 ( NSZone * ) ゾーン 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSMenu Class Methods 使用可能 10.0 参照 例文 #import "MyObject.h" @implementation MyO…

URLs

選択された複数項目のURLを返します 解説 選択された複数項目のURLを返します。 返り値 ( NSArray * ) URLの配列 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSOpenPanel Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - filenames 例文 #import "Controller.h" @im…