Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

2013-03-16から1日間の記事一覧

CGPathRetain関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 パスの参照カウントを1つ増やします。 解説 CGPathRef CGPathRetain ( CGPathRef path ); path 参照カウントを増やすパス 返り値 CGPathRef パラメータで渡したものと同じパス。 使用可能 …

CGPathRelease関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 パスの参照カウントを一つ下げます。 解説 void CGPathRelease ( CGPathRef path ); path リリースするパス。 返り値 void なし 使用可能 OS X 〜 iOS 2.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateMutableCopyByTransformingPath関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 5.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateMutableCopy関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 2.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateCopyByStrokingPath関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 5.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateCopyByDashingPath関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 5.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateCopyByTransformingPath関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 5.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateCopy関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 2.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateWithRect関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 5.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateWithEllipseInRect関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 返り値 使用可能 OS X 〜 iOS 5.0以降 定義 CGPath.h

CGPathCreateMutable関数

Index>Core Graphics>CGPath更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 概要 解説 変更可能なパスを作って返します。 CGMutablePathRef CGPathCreateMutable ( void ); 返り値 CGMutablePathRef 変更可能なパス。 使用可能 OS X 〜 iOS 2.0以降 定義 CGPath.h

CGPathオペークタイプ

CGPathオペークタイプ Index>Core Graphics 解説 関数の説明 由来 CFType フレームワーク ApplicationServices/ApplicationServices.h 使用可能 定義 CGContext.h CGPath.h 概要 使用可能 OS X 〜 iOS 〜 オペークタイプ 更新時OS Ver.:OS X 10.8,iOS 6.0 OS…