Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

2013-07-20から1日間の記事一覧

cancel

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

itemAtURL:didMoveToURL:

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

prepareForReadingItemsAtURLs:options:writingItemsAtURLs:options:error:byAccessor:

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

coordinateWritingItemAtURL:options:writingItemAtURL:options:error:byAccessor

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

coordinateReadingItemAtURL:options:writingItemAtURL:options:error:byAccessor

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

coordinateWritingItemAtURL:options:error:byAccessor:

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

+coordinateReadingItemAtURL:options:error:byAccessor

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

+filePresenters

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

+removeFilePresenter:

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

+addFilePresenter

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

– initWithFilePresenter:

INDEX>Foundation>NSFileCoordinator> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFileCoordinator 使用可能 iOS 5.0以降 参照 サンプル

-helpAnchor

INDEX>Foundation>NSError 解説 返り値 オブジェクト() 引数 フレームワーク Foundation クラス NSError Instance Methods 使用可能 参照 例文