Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

2013-07-27から1日間の記事一覧

アプリケーションの配布

証明書の作成 App IDの作成 配布用プロビジョニングファイルの作成 アプリケーションの配布

ワークスペース

デバッグ

ユニットテスト

ストーリーボード

View Controller View シーン セグエ モーダルビュー マルチシーン シーンの追加 シーンに名前をつける ビューコントローラーの追加 セグエの作成 シーン間のデータの受け渡し 高度なセグエの作成 Navigation Controllerストーリーボードの作成 Tab Bar Cont…

presentedItemOperationQueue

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> @property (readonly) NSOperationQueue *presentedItemOperationQueue 解説 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 10.7以降 iOS5.0以降 参照

-presentedItemURL

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> ファイルやディレクトリのURL @property (readonly) NSURL *presentedItemURL 解説 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 10.7以降 iOS5.0以降 参照

Bluetooth Low Energy関連リンク

INDEX>ハードウエア>BLEBluetooth LEの解説本、第1章

-presentedSubitemDidChangeAtURL:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedSubitemAtURL:didMoveToURL:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedSubitemDidAppearAtURL:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-accommodatePresentedSubitemDeletionAtURL:completionHandler:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedSubitemAtURL:didResolveConflictVersion:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedSubitemAtURL:didLoseVersion:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedSubitemAtURL:didGainVersion:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedItemDidResolveConflictVersion:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedItemDidLoseVersion:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedItemDidGainVersion:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedItemDidChange

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> - (void)presentedItemDidChange 解説 返り値 (void) なし フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-presentedItemDidMoveToURL:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-accommodatePresentedItemDeletionWithCompletionHandler:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

savePresentedItemChangesWithCompletionHandler:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> 解説 引数 返り値 フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

-relinquishPresentedItemToWriter:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> - (void)relinquishPresentedItemToWriter:(void)writer 解説 引数 (void)writer 返り値 (void) なし フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 – presentedItemDidChange サンプル

-relinquishPresentedItemToReader:

INDEX>Foundation>NSFilePresenter> - (void)relinquishPresentedItemToReader:(void)reader 解説 引数 (void)reader 返り値 (void) なし フレームワーク Foundation クラス NSFilePresenter 使用可能 参照 サンプル

#pragma mark

Index>Objective-C>#pragma markセクションを分ける - は線を引く TODO: なども使える #pragma mark - #pragma mark Local enum to index cached CoreTextViews // TODO: point1 // MARK: point2 // FIXME: point3 // !!!: point4 // ???: point5 関連項目 X…