Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

2016-03-21から1日間の記事一覧

prepareForReuse

INDEX>AppKit>NSView ビューの再利用を行うために初期状態にする Objective-C - (void)prepareForReuse Swift func prepareForReuse() 解説 デフォルトのこのメソッドの実装はウインドウのアルファを1.0にしてhidden状態をNOにする。 返り値 Objective-C Swi…

canDrawConcurrently

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

canDrawConcurrently

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

viewDidUnhide

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

viewDidHide

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

viewWillDraw

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

translateRectsNeedingDisplayInRect:by:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

display

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

convertRectFromBase:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

convertRectToBase:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

convertSizeFromBase:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

convertSizeToBase:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

convertPointFromBase:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

convertPointToBase:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

boundsRotation

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

frame

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

enclosingMenuItem

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

window

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

setSubviews:

INDEX>AppKit>NSView Objective-C Swift 解説 返り値 Objective-C Swift 引数 Objective-C Swift フレームワーク ApplicationKit クラス NSView 使用可能 10.0 更新時のバージョン OS X 10.10 参照 関連記事 例文

Standard Appearances

NSAppearanceNameAqua NSAppearanceNameLightContent NSAppearanceNameVibrantDark NSAppearanceNameVibrantLight

allowsVibrancy

INDEX>AppKit>NSAppearance 現在のアピアランスがvibrancyを適用できるかどうか Objective-C @property(readonly) BOOL allowsVibrancy Swift var allowsVibrancy: Bool { get } 解説 現在のアピアランスがvibrancyを適用できるかどうか フレームワーク Appl…

setCurrentAppearance:

INDEX>AppKit>NSAppearance 現在のアピアランスをセットします Objective-C + (void)setCurrentAppearance:(NSAppearance *)appearance Swift class func setCurrentAppearance(_ appearance: NSAppearance?) 解説 現在のアピアランスをセットします。 通常…

currentAppearance

INDEX>AppKit>NSAppearance 現在のアピアランスを返します Objective-C + (NSAppearance *)currentAppearance Swift class func currentAppearance() -> NSAppearance 解説 現在のアピアランスを返します 返り値 Objective-C NSAppearance * Swift NSAppeara…

appearanceNamed:

INDEX>AppKit>NSAppearance 指定した名前でアピアランスオブジェクトを作ります Objective-C + (NSAppearance *)appearanceNamed:(NSString *)name Swift init?(named name: String) 解説 指定した名前でアピアランスオブジェクトを作りますSwiftではinit(na…

name

INDEX>AppKit>NSAppearance アピアランス名 Objective-C @property(readonly, copy) NSString *name Swift var name: String { get } 解説 アピアランスの名前(読み込みのみ) 設定値 Objective-C @property(readonly, copy) NSString *name Swift var name…

initWithAppearanceNamed:bundle:

INDEX>AppKit>NSAppearance バンドルと名前でNSAppearanceオブジェクトのインスタンスを初期化して返します Objective-C - (instancetype)initWithAppearanceNamed:(NSString *)name bundle:(NSBundle *)bundle Swift init?(appearanceNamed name: String, b…