Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSBezierPath

appendBezierPath:

レシーバーのパスに別のベジエパスを追加します

addClip

クリッピングパスを追加します

strokeRect:

四角形を描画します

strokeLineFromPoint:toPoint:

point1からpoint2まで線を引きます

setDefaultWindingRule:

デフォルトのくりぬき規則をセットします

setDefaultMiterLimit:

デフォルトのマイターリミットをセットします

setDefaultLineWidth:

線の幅をセットします

setLineJoinStyle:

線の継ぎ目の形状をセットします

setDefaultLineCapStyle:

初期設定のラインキャップスタイル(線の端の形状)をセットします

setDefaultFlatness:

現在のグラフィックスコンテキストの平坦さ属性をセットします

fillRect:

塗りつぶし四角形を描画します

drawPackedGlyphs:atPoint:

現在のグラフィックコンテキストのシステム座標で文字を描きます

defaultWindingRule

初期設定のくりぬき規則を返します

defaultMiterLimit

デフォルトのマイターリミット(マイター接続とベベル接続を切り替える点)を返します

defaultLineWidth

デフォルトのライン幅をポイントで返します

defaultLineJoinStyle

現在のグラフィックスコンテキストのライン接合点スタイルを返します