Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSData

dataWithBytes:length:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェクトをつくって、返します Objective-C +(id)dataWithBytes:(const void *)bytes length:(unsigned)length Swift NSData Class Reference 解説 指定したポインタから指定した長さ…

data

INDEX>Foundation> NSData 空のデータオブジェクトを作って返します Objective-C Swift 解説 空のデータオブジェクトを作って返します。 NSMutableDataクラスで使用します。 返り値 Objective-C ( id ) Swift データ 引数 フレームワーク Foundation クラス …

initWithBytesNoCopy:length:freeWhenDone:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェクトを初期化して返します Objective-C -(id)initWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(NSUInteger)length freeWhenDone:(BOOL)flag Swift 解説 指定したポインタから指定した…

writeToURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData レシーバーのバイトを指定されたURLに書き込みます Objective-C -(BOOL)writeToURL:(NSURL *)aURL options:(unsigned int)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 レシーバーのバイトを指定されたURLに書き込みます。 maskパ…

writeToFile:options:error:

INDEX>Foundation> NSData レシーバーのバイトを指定されたパスに書き込みます Objective-C -(BOOL)writeToFile:(NSString *)path options:(unsigned int)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 レシーバーのバイトを指定されたパスに書き込みます。 m…

dataWithContentsOfURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたURLのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを作って返します Objective-C -(id)dataWithContentsOfURL:(NSURL *)aURL options:(NSDataReadingOptions)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたURLの…

initWithContentsOfURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたURLのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを初期化します Objective-C -(id)initWithContentsOfURL:(NSURL *)aURL options:(unsigned int)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたURLのファイルの…

initWithContentsOfFile:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたパスのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを初期化します Objective-C -(id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path options:(NSDataReadingOptions)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたパ…

dataWithContentsOfFile:options:error:

INDEX>Foundation> NSData 指定されたパスのファイルのすべてを読んでdataオブジェクトを作って返します Objective-C +(id)dataWithContentsOfFile:(NSString *)path options:(NSUInteger)mask error:(NSError **)errorPtr Swift 解説 指定されたパスのファ…

dataWithBytesNoCopy:length:freeWhenDone:

INDEX>Foundation> NSData 指定したポインタから指定した長さのデータオブジェクトを作って返します Objective-C +(id)dataWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(unsigned)length freeWhenDone:(BOOL)flag Swift 解説 指定したポインタから指定した長さの…