Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSString

decomposedStringWithCompatibilityMapping

INDEX>Foundation>NSString> 文字列の内容を標準化します 解説 文字列の内容を標準化します。 返り値 ( NSString * ) データ 引数 フレームワーク Foundation クラス NSString Instance Methods 使用可能 10.2 参照 -precomposedStringWithCompatibilityMapp…

decomposedStringWithCanonicalMapping

INDEX>Foundation>NSString> レシーバの内容をノーマライズします 解説 レシーバの内容をノーマライズします。 localizedCompareで比較する時に必要です。 返り値 ( NSString * ) データ 引数 フレームワーク Foundation クラス NSString Instance Methods …

paragraphRangeForRange:

INDEX>Foundation>NSString> 指定した範囲が含まれる段落の範囲を返します -(NSRange)paragraphRangeForRange:(NSRange )range 解説 指定した範囲が含まれる段落の範囲を返します。 返り値 ( NSRange ) データ 引数 ( NSRange )range 範囲 フレームワーク Fo…

getParagraphStart:end:contentsEnd:forRange:

INDEX>Foundation>NSString> 指定した範囲を含む段落の開始位置と終了位置を返します。 -(void)getParagraphStart:(NSUInteger)startIndex end:(NSUInteger)endIndex contentsEnd:(NSUInteger)contentsEndIndex forRange:(NSRange )aRange 解説 指定した範囲…

-initWithBytesNoCopy:length:encoding:freeWhenDone:

INDEX>Foundation>NSString> バイト列からエンコーディングを指定してNSStringを返します Objective-C -(id)initWithBytesNoCopy:(void *)bytes length:(NSUInteger)length encoding:(NSStringEncoding )encoding freeWhenDone:(BOOL)flag swift convenience…

-initWithBytes:length:encoding:

INDEX>Foundation>NSString> 指定したバイト列と長さとエンコーディングでNSStringを作って返します Objective-C -(id)initWithBytes:(const void *)bytes length:(NSUInteger)length encoding:(NSStringEncoding )encoding swift convenience init?(bytes b…

compare:

INDEX>Foundation>NSString> 文字列を比較して結果を返します -(NSComparisonResult)compare:(NSString *)aString 解説 文字列を比較して結果を返します。 引数(aString)はnilではいけません。 【NSComparisonResult】 ● NSOrderedAscending ● NSOrderedSa…

localizedNameOfStringEncoding:

現在の言語のエンコーディングの名前を返す +(NSString *)localizedNameOfStringEncoding:(NSStringEncoding)encoding 解説 現在の言語のエンコーディングの名前を返します 返り値 ( NSString * ) エンコーディングの名前 引数 ( NSStringEncoding )encoding…

cStringLength

INDEX>Foundation>NSString> C文字列で表現した場合の長さを返します 解説 ■10.4以降非推奨。 (lengthOfBytesUsingEncoding: または maximumLengthOfBytesUsingEncoding: を使います。)C文字列で表現した場合の長さを返します。 返り値 ( unsigned int )…

fastestEncoding

INDEX>Foundation>NSString> レシーバーが情報の損失なしで切り替えられる最も速いエンコーディングを返します 解説 レシーバーが情報の損失なしで切り替えられる最も速いエンコーディングを返します。 返り値 ( NSStringEncoding ) エンコーディング 引数 …

stringWithContentsOfFile:

INDEX>Foundation>NSString> ファイルから読み込んだデータでNSStringを作って初期化して返します Objective-C +(id)stringWithContentsOfFile:(NSString *)path Swift ありません。 Stringクラスの contentsOfFile:encoding:error: を使用してください。 解…

stringWithCharacters:length:

INDEX>Foundation>NSString> 指定したC文字列から指定した長さの文字列を作って返します +(id)stringWithCharacters:(const unichar *)chars length:(unsigned)length 解説 指定したC文字列から指定した長さの文字列を作って返します。 逆にNSStringからunic…

getCharacters:range:

INDEX>Foundation>NSString> bufferが示すメモリ領域にaRangeで示されたユニコード文字列を書き込みます -(void)getCharacters:(unichar *)buffer range:(NSRange)aRange 解説 bufferからaRangeまでのメモリ領域にユニコード文字列を書き込みます。 事前にメ…

getCharacters:

INDEX>Foundation>NSString> bufferが示すメモリ領域にユニコード文字列を書き込みます -(void)getCharacters:(unichar *)buffer 解説 このメソッドは安全では無いので-getCharacters:range:を使ってください。bufferが示すメモリ領域にユニコード文字列を書…

floatValue

INDEX>Foundation>NSString> 浮動小数点値を返します 解説 浮動小数点値を返します。 返り値 ( float ) 浮動小数点値 引数 フレームワーク Foundation クラス NSString Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - doubleValue - intValue - scanFloat:(NSScanne…

fileSystemRepresentation

INDEX>Foundation>NSString> パス名だと見て、ファイルシステムが使う文字コードに変換したC文字列を返します 解説 パス名だと見て、ファイルシステムが使う(Unixなら"/"と"."など)文字コードに変換したC文字列を返します。 レシーバが解放されると帰り…

doubleValue

INDEX>Foundation>NSString> double数値を返します 解説 double数値を返します。 返り値 ( double ) 倍精度浮動小数点値 引数 フレームワーク Foundation クラス NSString Instance Methods 使用可能 10.0 参照 - intValue - floatValue - scanDouble:(NSSca…

description

INDEX>Foundation>NSString> 文字列を返します 解説 文字列を返します。 通常descriptionはレシーバを文字列で返すけれども、この場合はレシーバが文字列なのでそのまま返します。 返り値 ( NSString * ) 文字列 引数 フレームワーク Foundation クラス NSSt…

dataUsingEncoding:allowLossyConversion:

INDEX>Foundation>NSString> 指定した文字コードに変換したNSDataを作成して返します -(NSData *)dataUsingEncoding:(NSStringEncoding)encoding allowLossyConversion:(BOOL)flag 解説 指定した文字コードに変換したNSDataを作成して返します flagがNOなら…

localizedNameOfStringEncoding:

現在の言語のエンコーディングの名前を返す +(NSString *)localizedNameOfStringEncoding:(NSStringEncoding)encoding 解説 現在の言語のエンコーディングの名前を返します 返り値 ( NSString * ) エンコーディングの名前 引数 ( NSStringEncoding )encoding…

dataUsingEncoding:

INDEX>Foundation>NSString> レシーバーの文字列をencodingで指定した方法でエンコードしてNSDataで返します -(NSData *)dataUsingEncoding:(NSStringEncoding)encoding 解説 レシーバーの文字列をencodingで指定した方法でエンコードしてNSDataで返します。…

-cString

INDEX>Foundation>NSString> C文字列に変換して、そのポインタを返します 解説 ■10.4以降使用中止となります。 (cStringUsingEncoding または UTF8String を使います。) C文字列に変換して、そのポインタを返します。 返り値 ( const char * ) C文字列のポ…

componentsSeparatedByString:

INDEX>Foundation>NSString> 文字列をセパレータで分けて、配列にして返します -(NSArray *)componentsSeparatedByString:(NSString *)separator 解説 文字列をセパレータで分けて、配列にして返します。 返り値 ( NSArray * ) 文字列の配列 引数 ( NSString…

completePathIntoString:caseSensitive:matchesIntoArray:filterTypes:

INDEX>Foundation>NSString> ファイルシステムのパスとしてファイル名が完了しているかを試してみます -(unsigned int)completePathIntoString:(NSString **)outputName caseSensitive:(BOOL)flag matchesIntoArray:(NSArray **)outputArray filterTypes:(NS…

compare:options:range:locale:

オプション付きで範囲を指定して文字列を比較して結果を返します -(NSComparisonResult)compare:(NSString *)string options:(unsigned)mask range:(NSRange)compareRange locale:(NSDictionary *)dict 解説 オプション付きで範囲を指定して文字列を比較して…

compare:options:range:

INDEX>Foundation>NSString> オプション付きで範囲を指定して文字列を比較して結果を返します -(NSComparisonResult)compare:(NSString *)aString options:(unsigned)mask range:(NSRange)aRange 解説 オプション付きで範囲を指定して文字列を比較して結果を…

compare:options:

INDEX>Foundation>NSString> オプション付きで文字列を比較して結果を返します -(NSComparisonResult)compare:(NSString *)aString options:(unsigned)mask 解説 オプション付きで文字列を比較して結果を返します。 【比較オプション】 ● NSCaseInsensitiveS…

commonPrefixWithString:options:

INDEX>Foundation>NSString> 先頭から比較して、レシーバとaStringに共通の文字列を返します -(NSString *)commonPrefixWithString:(NSString *)aString options:(unsigned)mask 日本語入力を支える技術 ?変わり続けるコンピュータと言葉の世界 (WEB+DB PRES…

characterAtIndex:

INDEX>Foundation>NSString> 文字列で番号(index)で指定した文字を返します(ユニコード文字列番号) -(unichar)characterAtIndex:(NSUInteger)index 解説 文字列で番号(index)で指定した文字を返します(ユニコード文字列) 番号が文字列の範囲を越えればNS…

-caseInsensitiveCompare:

INDEX>Foundation>NSString> 大文字、小文字の区別をせず文字列の比較をして結果を返します -(NSComparisonResult)caseInsensitiveCompare:(NSString *)aString cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー出版社/メ…