Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

curveToPoint:controlPoint1:controlPoint2:

INDEX>AppKit>NSBezier

ベジエパスに現在のペン位置から指定した位置まで、曲線を加えます

Objective-C

-(void)curveToPoint:(NSPoint)aPoint:
          controlPoint1:(NSPoint)controlPoint1:
          controlPoint2:(NSPoint)controlPoint2:

Swift


解説

レシーバのベジエパスに現在のペン位置から指定した位置まで、曲線を加えます。
コントロールポイントとしてcontrolPoint1とcontrolPoint2を使います。

f:id:jjj777:20150301174533p:plain

返り値

Objective-C

( void )

Swift

なし

引数

Objective-C

( NSPoint )aPoint

Swift


曲線を引き終える位置

( NSPoint )controlPoint1

コントロールポイント1

( NSPoint )controlPoint2

コントロールポイント2

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSBezierPath

使用可能

10.0

参照


closePath - Cocoa API解説(iOS/OS X)


lineToPoint: - Cocoa API解説(iOS/OS X)


moveToPoint: - Cocoa API解説(iOS/OS X)


relativeCurveToPoint:controlPoint1:controlPoint2: - Cocoa API解説(iOS/OS X)

関連記事(外部サイト)

例文

Objective-C

 [path curveToPoint:NSMakePoint(0.5, 0.1) controlPoint1:NSMakePoint(0.3, 1.0) controlPoint2:NSMakePoint(0.0, 0.5)];
///
//NSViewのサブクラス MyViewのDrawRectに上書き
-(void)drawRect:(NSRect)rect
{

NSBezierPath *thePath = [NSBezierPath bezierPath];

[NSBezierPath setDefaultLineCapStyle:NSRoundLineCapStyle];

[thePath moveToPoint:NSMakePoint(20,20)];
[thePath curveToPoint:NSMakePoint(120,120)
            controlPoint1:NSMakePoint(100,200)
            controlPoint2:NSMakePoint(120,120)
            ];


[thePath appendBezierPathWithRect:NSMakeRect(50,50,100,100)];

[thePath setLineWidth:5];
[[NSColor redColor] set];

[thePath stroke];


}

Swift


更新時のバージョン

OS X 10.10