Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

noteFileSystemChanged:

INDEX>AppKit>NSWorkspace

パスのファイル構成が変わったことをNSWorkspaceに知らせます

Objective-C

- (void)noteFileSystemChanged:(NSString *)path

Swift

func noteFileSystemChanged(_ path: String)

解説

指定したパスのファイル構成が変わったことをNSWorkspaceに知らせます。
ファイルを書いたり、削除する時に使われます。
ファイルをセーブするとき、NSDocumentとNSSavePanelはこのメソッドを使用します。
直接ファイルを書く場合には、ファインダに知らせるためにこのメソッドを呼ばなければいけません。

developer.apple.com

返り値

なし

引数

Objective-C

(NSString *)path

Swift

_ path: String

パス

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWorkspace

使用可能

10.0

参照

- fileSystemChanged

更新時のバージョン

OS X 10.10.3
Swift1.2


例文

//開けるファイル拡張子の配列
    NSArray      *fileTypes    = [ NSArray arrayWithObject : @"" ];
    //OpenPanelを作る
    NSOpenPanel  *opPanel       = [ NSOpenPanel openPanel ];

    //OpenPanelの結果のボタン番号
    int		  opRet;

     
        //OpenPanelでファイル選択   
    opRet = [ opPanel runModalForDirectory : NSHomeDirectory() //どこのディレクトリを出すか
                                     file : @"Pictures" //どのどのファイルを選択しておくか
                                    types : fileTypes ];//選べるファイルタイプ

    if ( opRet == NSOKButton ) {  // OPENPanelのボタンがOKなら

    [[NSWorkspace sharedWorkspace] noteFileSystemChanged:[ opPanel filename ] ];

    }

Swift