Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

nextEventMatchingMask:

指定したイベントが来るまでアプリケーションを待たせます
-(NSEvent *)nextEventMatchingMask:(unsigned int)mask:

解説

指定したイベントが来るまでアプリケーションを待たせます。
第一引数にmaskを使って、無期限に、NSEventTrackingRunLoopModeモードで、デリゲートフラグはYESで、NSApplicationの nextEventMatchingMask:untilDate:inMode:dequeue: メソッドを呼び出します。
もっと多くの情報はNSApplicationクラスを見てください。
【mask】
● NSLeftMouseDownMask 左のマウスボタンを押した。
● NSLeftMouseUpMask  左のマウスボタンを離した
● NSRightMouseDownMask 右のマウスボタンを押した
● NSRightMouseUpMask 右のマウスボタンを離した
● NSMouseMovedMask マウスを動かした
● NSLeftMouseDraggedMask 左のマウスボタンでドラッグした
● NSRightMouseDraggedMask 右のマウスボタンでドラッグした
● NSMouseEnteredMask マウスが領域に入った
● NSMouseExitedMask マウスが領域から出た
● NSKeyDownMask キーを押した
● NSKeyUpMask キーを話した
● NSFlagsChangedMask
● NSAppKitDefinedMask
● NSSystemDefinedMask
● NSApplicationDefinedMask
● NSPeriodicMask
● NSCursorUpdateMask
● NSScrollWheelMask
● NSOtherMouseDownMask 他のマウスボタンを押した
● NSOtherMouseUpMask 他のマウスボタンを離した
● NSOtherMouseDraggedMask 他のマウスボタンでドラッグした
● NSAnyEventMask

返り値

( NSEvent * )

イベント

引数

( unsigned int )mask

来るのを待つイベントマスク

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSEvent *theEvent;
theEvent = [myWindow nextEventMatchingMask:(NSLeftMouseDraggedMask | NSLeftMouseUpMask)];

    }
@end