Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

compositeToPoint:operation:

画像を合成して表示します
-(void)compositeToPoint:(NSPoint)aPoint:
          operation:(NSCompositingOperation)op:

解説

画像を合成して表示します。
【NSCompositingOperation】合成方法
● NSCompositeClear クリアする
● NSCompositeCopy 透明度を無視して上書きする
● NSCompositeSourceOver 透明度を考慮してして上書きする
● NSCompositeDestinationOver
● NSCompositeSourceIn 透明度を無視して上書きする
● NSCompositeDestinationIn 色があるところは切り抜き
● NSCompositeSourceOut クリアする
● NSCompositeDestinationOut 色があるところはクリア
● MSCompositeSourceAtop 透明度を考慮してして上書きする
● NSCompositeDestinationAtop
● NSCompositeXOR
● NSCompositePlusDarker
● NSCompositeHighlight
● NSCompositePlusLighter

画像の左下の位置をaPointとしてフォーカスされたビューに合成して描画します

返り値

( void )

なし

引数

( NSPoint )aPoint

表示位置

( NSCompositingOperation )op

合成方法

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSImage

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

 [image compositeToPoint:NSMakePoint(NSMinX(bounds), NSMaxY(bounds)) operation:NSCompositeSourceOver];

[nodeImage compositeToPoint:NSZeroPoint operation:NSCompositeCopy];