Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

drawGlyphsForGlyphRange:atPoint:

対象のビューにグリフを描画します
-(void)drawGlyphsForGlyphRange:(NSRange)glyphRange:
          atPoint:(NSPoint)containerOrigin:

解説

対象のビューにグリフを描画します。
指定された範囲のグリフ範囲(1つのNSTextContainerに含まれている)グリフを描画します。
containerOriginは描画されるNSViewの座標系で表されたNSTextContainerの位置を示します。
このメソッドは描画対象のNSViewにフォーカスした状態で呼び出す必要があります。

返り値

( void )

なし

引数

( NSRange )glyphRange
( NSPoint )containerOrigin

コンテナの起点

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSLayoutManager

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

-drawBackgroundForGlyphRange:atPoint:
-glyphRangeForTextContainer:
-textContainerOrigin (NSTextView)

例文

NSLayoutManager *layoutManager = [myOutlet layoutManager];
[myOutlet insertText:@"abc"];
[myOutlet setBackgroundColor: [NSColor yellowColor]];

[drawView lockFocus];
[[NSColor redColor] set];
[layoutManager drawGlyphsForGlyphRange:NSMakeRange(0, 3) atPoint:NSMakePoint(0,2)];
[drawView unlockFocus];