Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

glyphIndexForPoint:inTextContainer:fractionOfDistanceThroughGlyph:

テキストコンテナの範囲で指定した位置にもっとも近い文字の番号を返す
-(unsigned int)glyphIndexForPoint:(NSPoint)aPoint:
          inTextContainer:(NSTextContainer *)aTextContainer:
          fractionOfDistanceThroughGlyph:(float *)partialFraction:

解説

テキストコンテナの範囲で指定した位置にもっとも近い文字の番号を返す。
aPointはテキストコンテナでの座標。
たとえば、テキストビュ−でマウスクリックした時にどの文字を選択するかの判定などに使われます。

返り値

( unsigned int )

整数値

引数

( NSPoint )aPoint

位置

( NSTextContainer * )aTextContainer

テキストコンテナ

( float * )partialFraction

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSLayoutManager

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
//myOutletはTextView
NSLayoutManager *layoutManager = [myOutlet layoutManager];
NSTextContainer *textContainer = [myOutlet textContainer];
float fraction;
unsigned int glyphIndex;
[myOutlet insertText:@"abcdefghil"];
glyphIndex = [layoutManager glyphIndexForPoint:NSMakePoint(30,5) 
inTextContainer:textContainer fractionOfDistanceThroughGlyph:&fraction];
NSLog([NSString stringWithFormat:@"index = %u,fraction = %f",glyphIndex,fraction]);
}

@end