Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

RTFFromRange:

テキストオブジェクトの指定した範囲をRTFデータとして返します
-(NSData *)RTFFromRange:(NSRange)aRange:

解説

テキストオブジェクトの指定した範囲をRTFデータ(NSData)として返します。
アタッチメントは省略されます。
指定する範囲がテキストオブジェクトを越えれば、NSRangeExceptionを起こします。

返り値

( NSData * )

データ

引数

( NSRange )aRange

範囲

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSText

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- RTFDFromRange:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
//myOutlet,myOutlet1はTextView
    NSData      *dat;
    
    [myOutlet setString:@"abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"];
    [myOutlet1 setString:@"a"];
        dat = [myOutlet RTFFromRange:NSMakeRange(4,10)];

        [myOutlet1 replaceCharactersInRange:NSMakeRange(0,0) withRTF:dat];
    }


@end