Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

insertObject:atArrangedObjectIndexPath:

レシーバーのindexPathのarrangedオブジェクト配列に挿入します
-(void)insertObject:(id)object:
     atArrangedObjectIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath:

解説

レシーバーのindexPathのarrangedオブジェクト配列に挿入します。
そして、それをレシーバーの内容に追加します。
サブクラスはarrangedオブジェクトをカスタマイズするためにオーバーライドすることができます。

返り値

( void )

なし

引数

( id )object

挿入するオブジェクトNSTreecontrollerの場合はNSDictionary

( NSIndexPath * )indexPath

インデックスパス

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSTreeController

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-insertObjects:atArrangedObjectIndexPaths:

例文

#import "MyTreeController.h"

@implementation MyTreeController
- (void)awakeFromNib
{
	NSLog(@"MyTreeController awakeFromNib");
}

-(void)insertObject:(id)object atArrangedObjectIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
{
	NSLog(@"insertObject %@",[indexPath description]);
	[super insertObject:object atArrangedObjectIndexPath:indexPath];
}



@end