Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setContent:

レシーバーの内容をcontentにします
-(void)setContent:(id)content:

解説

レシーバーの内容をcontentにします。
contentはオブジェクトの配列やシングルルートオブジェクトに出来る

返り値

( void )

なし

引数

( id )content

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSTreeController

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-content

例文

#import "MyObject.h"
//	IBOutlet NSTreeController* myTreeController;

@implementation MyObject
-(void)awakeFromNib
{
		//挿入するオブジェクトを作る
	NSDictionary *dic1 = [NSDictionary dictionaryWithObject:@"aaaa" forKey:@"newKey"];
	NSDictionary *dic2 = [NSDictionary dictionaryWithObject:@"bbbb" forKey:@"newKey"];
	NSDictionary *dic3 = [NSDictionary dictionaryWithObject:@"cccc" forKey:@"newKey"];
	NSArray *objects = [NSArray arrayWithObjects:dic1,dic2,dic3,nil];
	

	
	//内容をセットする
	[myTreeController setContent:objects ];
}
- (IBAction)myAction:(id)sender
{

}



@end