Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

endLineWithGlyphRange:

行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。
-(void)endLineWithGlyphRange:(NSRange)lineGlyphRange:

解説

行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。
具体的には、layoutParagraphAtPoint:のサブクラスの実装はそれぞれの行の最後で起動しようとする。

返り値

( void )

なし

引数

( NSRange )lineGlyphRange

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSTypesetter

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-beginLineWithGlyphAtIndex:

例文

//行を描画するグリフ範囲をセットして呼び出されます。
- (void)endLineWithGlyphRange:(NSRange)lineGlyphRange; // should be invoked at the end of each line
{
	NSLog(@"-endLineWithGlyphRange       (%u - %u)",lineGlyphRange.location,lineGlyphRange.length);
	[super endLineWithGlyphRange:lineGlyphRange];
}